logo

アビバ、大栄等のキャリアスクール「リンクアカデミー」とオンライン予備校「資格スクエア」が学習効果をより高める「反転授業」で業務提携を開始

~始まる新しい教育の形、生まれる世代を超えた学習空間~

全国108拠点にキャリアスクールを展開する株式会社リンクアカデミー(本社:東京都中央区、代表取締役社長小栗 隆志 以下「リンクアカデミー」)はオンライン資格試験予備校「資格スクエア」を運営する株式会社サイトビジット(本社:東京都千代田区、代表取締役:鬼頭 政人 以下「資格スクエア」)と2015年6月29日より就学生の学習成果向上をはかることを目的に、「反転授業」の共同実施による展開にて事業提携をいたします。



現在、パソコン教室を始めとするキャリアスクールの市場は縮小の傾向にあり、一方でeラーニングによる学習市場は2014年度に前年度比120.8%増見込みの1665億円と拡大しております。
[画像: リンク ]



現在、パソコン教室を始めとするキャリアスクールの市場は縮小の傾向にあり、一方でeラーニングによる学習市場は2014年度に前年度比120.8%増見込みの1665億円と拡大しております。
リンクアカデミーと資格スクエアは、既存のキャリアスクールの立地条件とeラーニングの学習内容を組み合わせ、自宅でインプット、教室でアウトプットができる「反転授業」を展開します。両社の強みを最大限合わせることで、従来のどちらか一方だけの形態よりも高い学習成果が期待されます。

※「反転授業」とは、生徒は講義内容を事前に自宅で視聴し、逆に従来であれば宿題であった課題について、教室内で指導員から指導を受けたり議論を行ったりすることです。これにより教室内で指導員が「講義をする」ことではなく、「指導をする」ことが可能となり、生徒一人一人に合ったきめ細かい指導が可能となります。その結果、各生徒のペースに指導員が合わせることができ、学習効果が高まるといわれる方法です。

本提携では、資格スクエアが業界初クラウド学習システムを搭載した司法書士試験のコンテンツ内容(インプット)を、リンクアカデミーが学習内容の確認の場(アウトプット)を提供いたします。


本提携の特徴
1.資格スクエアが有する業界初「クラウド学習システム」を用いた、司法書士試験の講義を生徒はいつでもどこでも視聴可能です。これにより、オンライン上でのレジュメ編集や生徒間での知識共有が可能となり、学習効率を高めます。

2.株式会社リンクアカデミーが有する全国108拠点でアウトプット授業が受けられます。
これにより、駅前教室やショッピングモール教室など、各生徒のライフスタイルに合わせた場所でのアウトプットが可能です。

3.違う授業内容を受けている生徒が、同一空間でアウトプットを受けられます。
アウトプットは各教室でテストを受け、その結果に基づいて指導員が各生徒のカリキュラムを調整するため、同一空間でそれぞれに合わせた学習内容の提供が可能となります。(例:シニア層がパソコン講座、社会人や学生が資格試験講座を受けることが可能)


■株式会社リンクアカデミー概要
会社名:株式会社リンクアカデミー(Link Academy Inc.)
会社サイト:リンク
代表者:代表取締役社長小栗 隆志
資本金:100,000,000円
所在地:東京都中央区銀座 3-7-3 銀座オーミビル

■株式会社リンクアカデミーについて
2013年12月31日にPCスクール事業で大手の株式会社アビバと、資格スクール事業で老舗の大栄教育システム株式会社が経営統合し、新たにリンクアカデミーを設立いたしました。
全国108拠点の直営教室を運営しており、従来、(株)アビバが提供してきたパソコンスキルの講座提供と、大栄教育システム(株)が提供してきた資格取得を支援する講座を展開しております。

■株式会社サイトビジット概要
会社名:株式会社サイトビジット
会社サイト:リンク
代表者:代表取締役 鬼頭 政人
資本金:116,620,000円(資本準備金含む)
所在地:東京都千代田区内幸町一丁目1番7号 NBF日比谷ビル5階

■「資格スクエア」について
「資格スクエア」は2013年12月の開講以来、大手予備校で豊富な経験のある講師陣を中心に、質の高い授業を従来よりも圧倒的な低価格で提供しております。
また2015年2月より業界初の試験対策のクラウド化を実現する新しい学習システム「資格スクエアクラウド」(特許申請中)の導入を開始しました。これにより、オンライン上でのレジュメの編集や条文・判例へのリンク機能の追加、過去の質問や各自の単語帳がユーザー間で共有可能となり、更なる勉強の効率化が可能となりました。このサービスは、司法試験予備試験、行政書士、宅建、司法書士など難関資格を皮切りに順次提供を開始しております。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。