logo

学校法人城西大学が7月17日に創立50周年記念特別講演会「フランスで賞賛された明治の諷刺画家 河鍋暁斎」を開催

城西大学 2015年06月27日 08時05分
From Digital PR Platform


学校法人城西大学(理事長:水田宗子)は7月17日(金)に特別講演会「フランスで賞賛された明治の諷刺画家 河鍋暁斎」を東京紀尾井町キャンパスで開催する。これは、同法人の創立50周年を記念した特別講演会の一環として行われるもの。日仏会館・日本研究センター所長のクリストフ・マルケ氏が明治時代の諷刺画家である河鍋暁斎の魅力を国際的な視点から解説する。入場無料、要事前予約。


 河鍋暁斎(かわなべ・きょうさい、1821~1889年)は、幕末から明治にかけて活躍した異端の画家。1870(明治3)年には筆禍事件で捕えられたこともあるほどの反骨精神の持ち主で、多くの戯画や風刺画を残している。狩野派の流れを受けているが、他の流派・画法も貪欲に取り入れ、自らを「画鬼」と称した。その筆力・写生力は群を抜いていたが、近年まで日本の美術史の中では忘れられた存在だった。しかし、欧州では19世紀末に日本の代表的な画家として北斎に次いで賞賛されていたという。
 東洋の宗教調査のために来日したフランス人実業家エミール・ギメと画家フェリックス・レガメが、1880年に彼らの著書「日本散歩」の中で初めて暁斎を紹介したことがきっかけで、フランスで諷刺画家として高く評価されるようになった。

 このたび、学校法人城西大学では7月17日(金)に創立50周年記念特別講演会「フランスで賞賛された明治の諷刺画家 河鍋暁斎」を開催。フランス国立東洋言語文化大学教授で日仏会館・日本研究センター所長のクリストフ・マルケ氏が講師を務める。暁斎の遺作「暁斎百鬼画談」を仏訳・復刻し、フランスで暁斎の作品を発見したマルケ氏が、暁斎の世界の魅力を国際的な視点から読み解く。なお、講演は日本語で行う。

◆学校法人城西大学創立50周年記念特別講演会「フランスで賞賛された明治の諷刺画家 河鍋暁斎」 概要
【日 時】 7月17日(金)11:10~12:40
【会 場】
 城西大学東京紀尾井町キャンパス3号棟国際会議室(東京都千代田区平河町2-3-20)
 ・東京メトロ有楽町線 麹町駅1番出口より徒歩3分
 ・東京メトロ南北線 永田町駅9番出口より徒歩5分
 ・東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅1番出口より徒歩7分
 ・東京メトロ丸の内線・銀座線 赤坂見附駅D出口より徒歩8分
 ・JR中央線・総武線 四ツ谷駅より徒歩10分
【定 員】 60人
【受講料】 無料
【申し込み】
 TEL: 03-6238-1400
 ※受付時間: 10:00~18:00(土曜・日曜・祝日を除く)
 FAX: 03-6238-1399
 E-Mail: kioiclub@jiu.ac.jp

【講 師】
●クリストフ・マルケ
 1965年、フランス生まれ。フランス国立東洋言語文化大学(INALCO)教授、日仏会館・日本研究センター所長。日本近世・近代美術史と出版文化史が専門。編著に「日本の文字文化を探る―日仏の視点から」「テキストとイメージを編む―出版文化の日仏交流」などがある。フランスでは芳中、北斎、歌麿、暁斎など数多くの江戸・明治の画譜の翻訳と復刻を出版している。

●学校法人城西大学HP
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 城西エクステンション・プログラム事務局
 TEL: 03-6238-1400

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。