logo

「SGホールディングス/佐川急便 全国エコ絵画コンクール2015」 -7月1日(水)から作品の募集を開始-

SGホールディングス株式会社 2015年06月25日 13時00分
From Digital PR Platform


SGホールディングス株式会社(本社:京都市南区、代表取締役会長:栗和田榮一)は、2015年7月1日(水)から、小学生対象の環境絵画コンクール「SGホールディングス/佐川急便 全国エコ絵画コンクール2015 」(後援:環境省)の作品募集を開始します。

今回2回目となる本コンクールは「未来へのこそう、ぼくたち、わたしたちの自然」をテーマに、次世代を担う子どもたちが絵画の創作を通じて環境保全について考えるとともに、楽しみながら環境意識の向上につなげる機会とすることを目的としています。

作品は、小学1年生~3年生を対象にした「低学年の部」と、小学4年生~6年生を対象にした「高学年の部」に分けて募集します。各部門別に選考し、最優秀作品にあたる環境大臣賞(各1名)をはじめ、優秀作品賞(各2名)、さかなクン特別賞(各1名)、佳作(各22名)計52点の受賞作品を決定します。
環境大臣賞作品は、佐川急便集配トラックのラッピングデザインとして採用し、2016年春ごろから全国主要都市を中心に50台走行する予定です。また、本年12月に東京ビッグサイト(江東区)で開催される環境展示会「エコプロダクツ2015」の当社グループブース内で環境大臣賞の表彰式を行うとともに、受賞作品を展示します。

SGホールディングスグループでは、環境にやさしい低公害車の導入をはじめ、台車や自転車で集荷・配達するサービスセンターを展開するなど、環境負荷の低減に配慮した事業活動を積極的に行っています。また、より良い地球環境を社会全体で維持し未来につなげていきたいという思いやESD※1の観点から、森林保全活動や自然体験教室などを通じて、子どもたちへの環境教育と環境啓発を目的としたコミュニケーションに今後も取り組んでいきます。

※1 ESD・・・「持続可能な開発のための教育」(Education for Sustainable Development)の略称。一人ひとりが世界の人々や将来世代、また環境との関係性の中で生きていることを認識し、持続可能な社会の実現に向けて行動を変革するための教育。日本政府は2014年の開催国としてESDの取り組みの充実・強化を促進している。

【2014年度の実績】 画像参照 環境大臣賞作品(低学年の部)

■「 SGホールディングス/佐川急便 全国エコ絵画コンクール2015」応募要項

【募集テーマ】
「未来へのこそう、ぼくたち、わたしたちの自然」

【応募資格】
全国の小学生 低学年の部(1~3年生)、高学年の部(4~6年生)

【応募期間】
7月1日(水)~9月25日(金)

【応募方法】
応募は「団体応募」と「個人応募」があります。
応募用紙(特設Webサイトよりダウンロード)に必要事項を記載のうえ、作品裏面に貼り付けて事務局へ送付
してください。

【特設Webサイト】
 リンク 

【審査員】
さかなクン:東京海洋大学 名誉博士
山本直彰氏:武蔵野美術大学 造形学部 日本画学科 教授
谷口広樹氏:東京工芸大学 芸術学部 デザイン学科 教授
福岡貴彦氏:東京都図画工作研究会 会長
大久保 潔:公益財団法人 佐川美術館 館長代行

【選考方法】
一次審査(10月)、最終審査(11月)の2回にて各賞を選考。最終審査は審査員5名で実施

【各賞】
賞・商品:「低学年の部」「高学年の部」各部門別に賞を決定

<環境大臣賞(各1名)>    
賞状、佐川急便トラックラッピング権、作品ラッピングトラック模型、
副賞(選べるツアー&ホテル宿泊券

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。