logo

ホットリンク、上海の普千と資本提携を締結 ~中国ソーシャル・ビッグデータ活用事業の拡大を加速~

株式会社ホットリンク 2015年06月24日 14時30分
From 共同通信PRワイヤー

20150624

株式会社ホットリンク

ホットリンク、上海の普千と資本提携を締結
~中国ソーシャル・ビッグデータ活用事業の拡大を加速~

株式会社ホットリンク(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO 内山幸樹、以下ホットリンク)は、中国国内における統合モニタリング及び各種データ分析サービスを手がける中国の普千(上海)商務諮詢有限公司(上海 董事総経理 宮田将士 以下普千)と、6月資本提携を締結したことを発表いたします。このことによりホットリンクは、2015年7月末までに普千の発行済株式数の19.9%を取得する予定です。

ホットリンクでは、2014年7月に普千と業務提携を締結しておりますが、今後更なる普千との協業関係を深めることで、中国ソーシャル・ビッグデータ活用事業の拡大により一層注力したビジネスの展開を図ってまいります。

【提携の背景】
近年、「アベノミクス」による円安の進行に加えて、ビザ発給条件の緩和、格安航空会社(LCC)の就航、和食・アニメなどの日本ブームの高まりなどに起因する訪日外国人観光客の増加に伴い、その旅行消費(インバウンド消費)額が急増し、国内経済に力強い活力を与えています。
中でも中国語圏(中国、台湾、香港)から訪れる訪日観光客数は、訪日外国人観光客数の半数以上を占めており、訪日外国人旅行の国別消費額でも中国人観光客が首位となっています。
そのような背景の中で、ホットリンクグループでは、日本国内で大きな注目を集めている訪日中国人観光客による「インバウンド消費」の動向について、中国人のクチコミや書き込みを分析して定期配信するレポートサービス「図解 中国トレンド Express」の販売も開始しており、大変好評をいただいております。
また、グローバルでは、中国の各種ソーシャル・ビッグデータを中国国外に対して再販するライセンスを有しており、世界の名だたるマーケティング・ツールベンダーへデータ供給を行っております。

普千との協業強化により、中国ソーシャル・ビッグデータ活用を軸とする新サービス開発のスピードアップ、日本企業がインバウンド消費の需要を効果的に取り込むための周辺サービスの拡充を図ってまいります。

【資本提携の詳細】
今回の資本提携の締結に伴い、ホットリンクは普千の発行済株式を将来100%取得する権利を有しています。先ずは、2015年7月末までに普千の発行済株式のうち19.9%を当社が取得し、その後協業の進捗に応じて2018年3月末までに発行済株式の100%取得を予定しています。

■株式会社ホットリンクについて
ホットリンクは、ソーシャル・ビッグデータを加工・分析し、顧客企業のビジネスへの有効活用を支援するクラウドプラットフォームベンダーです。大量のソーシャル・ビッグデータから風評を効率的にモニタリングする「e-mining」、及びリアルタイムに膨大なソーシャル・ビッグデータの検索や分析が可能な「クチコミ@係長シリーズ」を、現在まで累計1700 社以上(OEM提供分含む)に提供しています。同様に、APIを通じて、ソーシャル・ビッグデータおよび、感情/属性分析エンジンをサードパーティ向けに提供しています。また、2013年 6月より金融分野では、日本企業として初めて、Bloomberg 利用者向けに金融ビッグデータ分析ソフトの販売もおこなっております。
ホットリンクの成長戦略は、ソーシャル・ビッグデータ活用の、
   1.マーケティング分野での浸透
   2.多様な産業への展開及びデータ流通プレイヤーの地位確立
   3.海外展開
の3つです。

設立日:2000年06月26日
資本金:557百万円(2015年3月31日現在)
代表者:代表取締役社長 CEO 内山 幸樹
企業サイト:リンク
Twitter:リンク
Facebook:リンク

■普千(上海)商務諮訊有限公司について
2001年設立。日系広告会社/PR会社や日系大手ブランド企業を中心に、中国市場での展開するブランド/商品の広告、掲載記事や口コミ情報の統合的モニタリング業務を行い、収集したデータをもとに、データ分析やレポート作成、マーケティング戦略、PR戦略、WEB戦略、コミュニケーション戦略等の立案に係るコンサルティングサービス等を提供。
企業サイト:リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。