logo

Ivanhoe CambridgeとAPGがChongbangに9億2000万ドルの資本参加

Ivanhoe Cambridge 2015年06月23日 16時50分
From 共同通信PRワイヤー

Ivanhoe CambridgeとAPGがChongbangに9億2000万ドルの資本参加

AsiaNet 60968 (0833)

【上海・モントリオール2015年6月23日PRN=共同通信JBN】
*上海を中心に小売店舗付き複合施設を開発、保有、管理するChongbangに、2投資会社が戦略的に資本参加

カナダの不動産会社Ivanhoe Cambridgeとオランダの年金資産運用会社APG Asset Management N.V.は、中国の不動産開発会社Chongbangに約9億2000万ドルの資本を投入すると発表した。

上海を本社とするChongbangは、小売店舗を中心にした複合施設を開発、保有、管理している。Chongbangとして今回は、2回目の機関投資家からの資金調達。シンガポールの政府系ファンドGICはChongbangの株主である。Chongbangは現在、上海に42万8000平方メートル(460万平方フィート)の小売り・商業スペースを保有、管理し、ほかに41万7000平方メートル(450万平方フィート)を開発中だ。

Chongbangは2003年、ヘンリー・チェン氏とスティーブン・ワン氏らシンガポールと香港の投資家グループが設立した。チェン氏はShui On Groupの元重役で、有名な新天地(Xintiandi)プロジェクトなど上海でのShui On Propertiesの発展によって広く功績が認められている。Chongbangの経営陣はチェン氏が統括する。同社の基幹事業の従業員は約400人。ワン氏は同社会長として戦略面から同社を監督する。

Ivanhoe Cambridgeの成長市場担当執行副社長のリタローズ・ガニエ氏は「業界トップ企業と立証した有名不動産会社と戦略的に提携するというIvanhoe Cambridgeの成長戦略に、Chongbangはぴったりだ。Chongbangが成長して成功するために、ほかの経験豊かな機関投資家の株主と積極的に手を組みたい。Chongbangの経営チームは目覚ましい実績と魅力的な長期ビジョンを持つ。小売業を中心にした複合施設プロジェクトの確かな開発事業で、彼らは有名だ。消費者の好みの変化や、新体験を創る新しい技術への対応で、同社は好位置につけている」と述べた。

ガニエ氏はさらに「中国を重要な柱とする主要成長市場への資産配分を飛躍的に増やすというわが社の戦略において、この投資は大きな一歩になる。上海地域の大規模優良不動産プロジェクトへの投資を増やすとの観点から、Chongbangと協力できることに期待している」と付け加えた。

APGでアジア太平洋民間不動産投資部門のヘッドを務めるマネジングディレクターのサチン・ドシ氏は「Chongbangへの投資はAPGの戦略に基づく。その戦略とは、国内市場で優れた実行力を持つ経営チームとの連携を通じて、世界中の主要ゲートウエー都市の都市型施設や、魅力的な長期ファンダメンタルがあるセクターへの投資を増やすことだ。2014年の上海の物流施設デベロッパー、e-Shangへの6億5000万ドルの投資に続く今回の案件は、APGの中国やアジア太平洋地域への強い意気込みを示す」 と語った。

ドシ氏は続けて「急速な都市化、可処分所得の拡大、国内消費への傾斜が、引き続き中国のテーマで、中華人民共和国のどの都市よりも上海がこの消費中心への流れをリードしていると、われわれは確信する。Chongbangが得意分野で消費者の好みを深く理解し、ライフスタイルを強く押し出した小売り複合施設を建設し、ライフハブ(Life Hub)ブランドで運営に成功していることを、わが社は好ましく思っている」と話した。

Chongbangのヘンリー・チェン最高経営責任者(CEO)は「Chongbangは上海とその周辺都市で、小売店舗を中心にした複合施設の分野で大きな成長のチャンスがある。それは新プロジェクト開発とともに、この地域が都市再開発事業を進めていることから、旧街区での再開発でも同様だ。APGとIvanhoe Cambridgeの資本参加は、Chongbangがこのチャンスを生かす力を今まで以上に強化する」と強調した。

Chongbangは調達したこの資金を利用し、上海の中心ショッピング街で幾つかの開発を手掛ける機会が生まれた。長期株主としての機関投資家の参加に恵まれたことにより、Chongbangは今後数年間でライフハブの施設を2倍以上に増やし、上海とその周辺で優良小売り・ライフスタイル企業のテナントから選ばれるオーナーとしての立場を強化することを目指す」と語った。

Chongbangのスティーブン・ワン会長は「Chongbangの私たちにとって素晴らしい時だ。Ivanhoe CambridgeとAPGがわが社の長期ビジョンに賛同してくれたことを誇りに思う。世界的な展望と長期ビジョンが合わさることで、わが社の次の成長に向けた基盤が強化される。現在のGICとEdward Wong GroupのパートナーとともにChongbangのわれわれ全員は、上海と長江河口地域において今まで以上に斬新で、持続可能なライフハブの創造にまい進していきたい」と述べた。

▽Ivanhoe Cambridgeについて
Ivanhoe Cambridgeは幅広い専門知識を生かし、投資家に最適なリターンをもたらす不動産や企業に投資、管理、開発している。複数の子会社や提携企業を通じて、主にカナダや米国、欧州、ブラジル、メキシコ、中国、オーストラリアの資産を保有する。2014年12月31日時点の資産総額は420億カナダドルを超える。Ivanhoe Cambridgeはカナダの大手機関資金運用会社Caisse de depot et placement du Quebec(cdpq.com)の不動産子会社。Caisseの2014年12月31日時点の純資産総額は2259億カナダドル。詳しい情報はivanhoecambridge.com.

▽APG Asset Management N.V.について
APG Asset Management N.V.はオランダの年金資金運用会社。年金基金の顧客企業と、その官民の現役・引退年金資格者の450万人は、オランダのすべての年金基金の30%を占める。2015年4月末時点の運用年金資産は4300億ユーロを超える。詳しい情報はwww.apg.nl/en.

▽Chongbangについて
Chongbang2003年の創業以来、上海と杭州、崑山で小売店舗を中心とする複合施設7プロジェクトの投資、開発を手掛け、上海でライフハブ@大寧、ライフハブ@金城、思南公館、ライフハブ@安亭を完工している。

▽メディア連絡先
Ivanhoe Cambridge
Sebastien Theberge
sebastien.theberge@ivanhoecambridge.com
Global Media Line: +1 866-456-3342

APG
Harmen Geers
harmen.geers@apg.nl
Telephone: +31206049136

ソース:Ivanhoe Cambridge

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。