logo

MobileIron、MobileIron AppConnectがGoogle Android for Workのプラットフォームをサポート

MobileIron 2015年06月22日 11時10分
From 共同通信PRワイヤー

MobileIron、MobileIron AppConnectがGoogle Android for Workのプラットフォームをサポート

AsiaNet 60801

MobileIron、MobileIron AppConnectが
Google Android for Workのプラットフォームをサポート

~アプリに変更を加えることなく、OSレベルでのセキュアなAndroid環境を提供~

【マウンテンビュー(米カリフォルニア州)2015年6月22日PRN=共同通信JBN】

モバイルエンタープライズセキュリティのリーダーであるMobileIron, Inc.(本社:米国カリフォルニア州マウンテンビュー、CEO:Bob Tinker、以下MobileIron)の日本法人であるモバイルアイアン・ジャパン(本社:東京都千代田区、アジア太平洋・日本担当セールスバイスプレジデント:柳下 幹生、以下モバイルアイアン)は、Google社と協力し、Android for WorkプラットフォームにMobileIron AppConnectフレームワークを導入すると発表しました。

ロゴ - リンク

Googleが今年リリースしたAndroid for Workは、企業アプリのセキュリティを確保し、MobileIronのようなEMMプラットフォームを利用してAndroid V5.0上で仕事用データと個人用データを分離する統一された方法を提供しました。Android V5.0でMobileIronとAndroid for Workを併用することにより、アプリに変更を加えることなく、セキュアな作業スペースにAndroidアプリをインストールできます。セキュリティ制御がOSレベルにあるため、そのOS上で実行されるすべてのアプリに制御が適用されます。

しかし多くの組織は、Androidの先行バージョンであるV4.0~V4.4を実行するデバイスを利用しています。 これらのデバイスにはOSレベルのAndroid for Workのセキュリティ制御が適用されません。このため今回、GoogleはAndroid for Workアプリをリリースしました。このスタンドアロンアプリは、セキュアな作業スペースを提供し、インストールされた他の企業アプリを不正アクセスから保護します。ただしこの場合、アプリ自体の変更は避けられません。

MobileIron AppConnectはアプリをコンテナ化することで、パーソナルデータに触れることなく企業の保存データを保護します。その結果、各アプリがセキュアコンテナとなり、データは暗号化され、不正アクセスから保護され、削除も可能となります。MobileIron AppConnectをAndroid for Workアプリに拡張することにより、開発者は、あらゆるAppConnect対応アプリをAndroid for Workアプリのセキュアな作業スペースに導入可能となります。AppConnectにはすでに、このフレームワークを利用する他社アプリや社内開発アプリの充実したエコシステムがあるため、この拡張によって既存のAndroidデバイス上でAndroid for Workを通じてセキュア化できるアプリの数が大幅に増加します。

MobileIronの社長兼最高経営責任者(CEO)であるボブ・ティンカーは次のように述べています。「GoogleとMobileIronは、Android V5.0を実行するデバイスだけでなく、旧バージョンを実行する何百万ものデバイスにとっても、Android for Workをセキュリティのベースラインにしたいと考えています。今回の発表は、MobileIronを利用したAndroid共通の統合されたアプリセキュリティ戦略への道を示しています。」

将来予想に関する記述
本プレスリリースには、MobileIronの製品開発や戦略的パートナーシップに関する記述など、リスクや不確定性を伴う将来予想に関する記述(forward-looking statements)が含まれます。実際の結果は、MobileIronの限られた経営実績、競争力のあるソリューションを開発するニーズ、製品の欠陥、競争上の圧力、オペレーティングシステムプロバイダーによる変更により、本プレスリリースの記述と大幅に異なる場合があります。このような要因の詳細は、2015年5月4日に提出されたQ12015のForm 10-Qなど、MobileIronの証券取引委員会(SEC)報告書類をご覧ください。MobileIronは、本リリースに含まれる将来予想に関する記述を更新する一切の義務を負いません。製品開発の将来予想に関する記述は、当社の一般的な製品の方向性を意図したものであり、購入上の意思決定において依存するべきではありません。将来予想に関する情報は、いかなるマテリアル、コード、機能を提供する誓約、約束、法的義務でもありません。記述されている当社製品の特長や機能の開発、リリース、時期は、MobileIronの自由な裁量に委ねられます。将来の製品の価格は別途決定されます。本ロードマップはいかなる製品や技術の販売提案でもありません。


■MobileIronについて
MobileIronは世界中の企業のモバイルファーストを実現する基盤を提供しています。詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
リンク


■問い合わせ先
モバイルアイアン・ジャパン
広報担当:中村
03-6205-3425
japan@mobileiron.com

モバイルアイアン 広報担当
株式会社井之上パブリックリレーションズ 横田、佐藤
03-5269-2301
mobileiron@inoue-pr.com

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。