logo

既婚女性の「結婚祝いのギフトに関する調査」

トレンダーズ株式会社 2015年08月05日 12時46分
From 共同通信PRワイヤー

2015年6月17日

トレンダーズ株式会社

既婚女性の「結婚祝いのギフト調査」
パートナーと自分の“名入ギフト”、約8割が貰って迷惑!?
「贈り手」と「貰い手」の想いが一致するギフト選びとは?

「MartTech Company」としてマーケティング×テクノロジーを軸とした事業展開を進めるトレンダーズ株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表:岡本伊久男、東証マザーズ上場:証券コード 6069)が運営するギフトマッチングサービス「Anny」では、“ジューン・ブライド”と呼ばれ、結婚式が多くなる6月、既婚女性(25~40歳)を対象にした「結婚祝いのギフト調査」を実施いたしました。

◆ 贈答経験2位の「食器」、実は“貰って困るギフト”で1位…

“贈答経験のあるギフト”上位5項目は、1位「キッチン・調理器具(家電)」(43.6%)、2位「食器」(40.4%)、3位「タオル・寝具」(30.4%)、4位「ギフトカタログ」(27.6%)、5位「インテリア雑貨」(27.2%)となりました。次に、“貰って一番困ったギフト”の結果について調べると、贈答経験で高い反応を示した「食器」(36.4%)が最も多い結果となりました。その理由としては、『部屋の雰囲気と合わない』、『趣味が合わない上に置き場に困る』といった意見などが寄せられました。2位に「インテリア雑貨」(14.4%)が続いたことからも、人の好みやセンスが大きく反映されるギフトについては、「贈り手」と「貰い手」のギャップが際立ってしまう様子が伺えます。

◆ 失敗しないギフトは、“自分では購入しないけど、実用的なもの”

“結婚祝いに貰って嬉しいと思うギフトの要素”について、当てはまるものを2つ選んでもらいました。
その結果、回答は、1位「(欲しいとは思っていても)自分では購入しないもの」(80.4%)、2位「日常生活で使える実用的なもの」(74.8%)と上位2つに集中しました。
さらに、具体的なアイテム名について調べると、「ルクルーゼ」や「ストウブ」、「シャトルシェフ」といった今流行の調理器具をはじめ、「レイコップのふとんクリーナー」、「デロンギのコーヒーメーカー」など、使用頻度も高いアイテムが寄せられました。新婚生活を快適にスタートできるようなアイテムが「贈り手」と「貰い手」の想いが一致するギフトの条件だと考えられます。また、「ヘリコプターの夜間飛行ギフト券」など、非日常的な経験ができる体験型ギフトも嬉しいギフトとしての声が挙がりました。

◆ 約8割がNGと回答した“名入れギフト”

最後に、“パートナーと自分の名前が入った「名入れ」ギフトを結婚祝いに貰ったら嬉しいですか?”と聞いたところ、なんと約8割(76.8%)の人が「嬉しくない」と回答しました。贈り手の祝福の想いを伝えるため、既製品ではなく、新郎新婦の名前を刻んだアレンジアイテムとして、贈られることのあるギフトですが、貰い手としては、喜ばしくない気持ちが過半数を超えるようです。

[調査概要]
調査名:“結婚祝いのギフトに関する調査”
調査期間:2015年6月8日(月)~ 2015年6月14日(日)
調査対象:25~40歳の既婚女性 250名
調査方法:インターネット調査


■ ギフト情報に特化したキュレーションメディア 『Anny magazine』

「Anny」からローンチしたギフト情報に特化したキュレーションメディア「Anny magazine」では、誕生日/結婚/出産/母の日/父の日/クリスマス/バレンタインデーなどシーズン毎に起こるアニバーサリーシーンに合わせ、おすすめのギフト情報を中心に、様々なノウハウやテクニックを発信しております。

Anny magazine(アニーマガジン)URL: リンク





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。