logo

コマースリンクのDFOがFreakOut DynamicAds登録用のデータ作成を開始(国内初)リターゲティング広告に使う商品データの作成が全自動に

ECサイトの集客・売上拡大を支援するコマースリンク株式会社(本社:東京都大田区 代表取締役社長:永山 淑子 以下「コマースリンク」)は、同社のデータフィード最適化サービス「DFO」に、株式会社フリークアウト(本社:東京都港区 代表取締役CEO:本田 謙)が提供するリターゲティング広告「FreakOut DynamicAds」に登録する商品データを作成するサービスを新たに追加し、6月17日(水)から提供を開始しました。

広告主がFreakOut DynamicAdsを利用する際は、出稿用データとして、規定の仕様に則った商品データを用意する必要があります。具体的には、 (1)自社システムから商品データを出力する、(2)規定の仕様に従って商品データを作成する、(3)FreakOut Platformに登録する、(4)最新の状態を維持する、などの対応が必要です。そのため、導入にあたっては社内調整やシステム開発のコストが導入企業の負担になります。

今回提供を開始したFreakOut DynamicAds用データの作成サービスを利用すると、導入企業のECサイトに掲載されている情報の中から、当社のサイトクローリングシステムが商品情報を抽出したうえで、FreakOut DynamicAds用のデータを自動で毎日作成します。そのため、導入企業はデータ作成に関する社内調整やシステム開発が不要になり、工数の削減、導入期間の短縮、コスト削減を実現できます。
本サービスは、すでに第一号ユーザーとして株式会社遊心クリエイション様の導入が決まっています。
DFOは今後も、新しい広告媒体に速やかに対応して、広告主のパフォーマンス向上に貢献してまいります。

■DFOについて
「DFO (Data Feed Optimization)」は、導入実績700社以上、対応している連携媒体50社以上のデータフィード最適化サービスです。2008年に国内初のデータフィード最適化サービスとして提供開始以来、データフィードサービスのリーディングカンパニーとしてクライアントの広告効果最大化を支援しています。

■FreakOut DynamicAdsについて
FreakOut DynamicAdsはユーザーの行動履歴と入稿された企業の商品データを活用したパフォーマンス型のパーソナライズ広告です。独自の解析技術により見込みユーザーに対して膨大な商品データの中から最適な物を複数推薦し、通常のリターゲティング広告よりクリック及びコンバージョン率の改善が期待できます。



【株式会社フリークアウトについて】
フリークアウトはRTBで広告枠買付を行うDSPならびに顧客のデータ資産管理ツールのDMPを提供するマーケティングテクノロジーカンパニーです。現在、120社を越える広告代理店様のDSP/DMP事業を支える技術インフラの提供を行うと同時に、通信キャリア、航空会社、トイレタリーブランドをはじめ5,000アカウントを超える顧客に当社プラットフォームをご活用いただいております。
URL :リンク
所在地 : 東京都港区六本木6-3-1 六本木ヒルズ クロスポイント

代表者名: 代表取締役 本田 謙
資本金 : 10億4,674万2,400円
事業内容: マーケティングプラットフォームの開発、販売

【コマースリンク株式会社について】
国内初の商品検索サービス「ショッピングサーチ.jp (リンク)」を運営し、独自の検索技術とEコマースのノウハウを基盤に、ECサイトの集客・売上拡大を支援する独自のソリューションサービスを提供しています。

会社名 : コマースリンク株式会社
代表者 : 代表取締役社長 永山 淑子
設立 : 2003年7月
所在地 : 東京都大田区大森北1-2-3 大森御幸ビル7階
事業内容 : ソリューション事業、メディア事業(ショッピングサーチ.jp)
企業HP : リンク
FBページ: リンク
プレスルーム : リンク



【本件に関するお問い合わせ】
コマースリンク株式会社
広報担当 : 宮下
Tel : 03-5493-4980
E-mail : info@commercelink.co.jp


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。