logo

オーストラリアにUnionPayクイックパス導入 世界に広がる銀聯決済サービス

銀聯国際(UnionPay International) 2015年06月16日 12時30分
From 共同通信PRワイヤー

オーストラリアにUnionPayクイックパス導入 世界に広がる銀聯決済サービス

AsiaNet 60890(0800)

【上海(中国)2015年6月15日新華社=共同通信JBN】銀聯国際(UnionPay International)とオーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)は11日、オーストラリアにあるANZのすべてのATMと加盟店がUnionPay(銀聯)カード(カード番号が62から始まる)を受け入れ、同国で初めてUnionPayクイックパス(QuickPass)サービスが利用できるようになったと、メルボルンで共同発表した。

革新的なチップ内蔵カードによる非接触型決済サービスであるUnionPayクイックパスによって、カード保有者はカードを読み取り機にかざすだけ(タップ・アンド・ゴー)で支払いができる。オーストラリア最大の百貨店グループであるMyerは、同国で初めてクイックパスが利用できる小売店舗となった。

銀聯国際のツァイ・ジェンボー最高経営責任者(CEO)は「今回の提携でUnionPay(銀聯)カードのオーストラリアでの受け入れが拡大し、カードによる支払いが増えるばかりか、UnionPay(銀聯)カード受け入れの技術的な向上がカード利用の安全性をさらに高め、技術革新の傾向に沿って、カード利用習慣の変化につながる」と語る。

さらに「オーストラリアでのUnionPay(銀聯)カードサービスの順化や、ホスト・カード・エミュレーション(HCE)機能を備えたUnionPay(銀聯)カードの発行にも、しっかりと基盤を固めることになる」と付け加えた。

UnionPay(銀聯)カードの受け入れは世界150カ国・地域を超えるまでに拡大した。受け入れ加盟店は2600万店を上回り、ATMは180万台に上る。非接触型決済やオンラインおよびモバイル決済など革新的な決済サービスは国際市場で勢いを広げている。

香港やマカオ、韓国、台湾といったUnionPay(銀聯)カードが比較的浸透している市場では、銀聯国際は活発にクイックパス・サービスを展開し、北東アジアは技術革新のモデル地区になっている。

ANZの加盟店ではUnionPay(銀聯)カードだけでなく、すべてでクイックパスを利用でき、アジアの外で初めてクイックパス・サービスが可能になる。

世界でのUnionPay(銀聯)カードの発行枚数は10億枚を超え、そのうち7億枚はクイックパス機能を持つ。中国本土では500万台を超えるクイックパス読み取り機があり、オーストラリア、韓国、香港、マカオ、台湾では数万の加盟店でクイックパスを利用できる。

銀聯国際は台湾とパキスタンでモバイル・ポイント・オブ・セールス(mPOS)サービスを始め、それぞれの国の専門店など小規模・零細業者がUnionPay(銀聯)カードによってコストが安く、安全に支払いを受けられるようになった。

UnionPay(銀聯)の国境を越えたオンライン決済サービスも急速に広がっている。中国本土以外では1000万ものオンライン通信販売業者がUnionPay(銀聯)カードで支払いを受けている。そのほか銀聯国際はショップ・ザ・ワールド(Shop The World)によって、UnionPay(銀聯)カードの保有者が家庭にいながら世界中で買い物ができるサービスも提供している。

詳しい情報はリンク を参照。

ソース:UnionPay International

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。