logo

武蔵野大学の4学期制導入に伴う「第2学期留学プログラム」に学生17名が参加 -- 10週間で2ヵ国を巡るプログラムも

武蔵野大学 2015年06月16日 08時05分
From Digital PR Platform


武蔵野大学(東京都江東区/学長:寺崎修)は、学修効果の向上と国際化への対応のため、平成27年度より一部の学部で4学期制を導入している。これに伴い、「第2学期留学プログラム」(2学期から夏季休暇の5~10週間留学するプログラム)を新設し、初年度は17名の学生が参加することが決定した。


 この4学期制は、平成28年には全学部で導入を予定しているもので、従来の前期、後期をそれぞれ2つに分割。2学期(6/10~8/4)の必修授業を減らすことで、2学期と夏季休暇をつなげて海外語学研修に参加したり、逆に海外からの留学生を受け入れやすくしたりするなど、キャンパス内のグローバル化促進が期待されている。

 その具体的な取り組みの一つとして、同大では「第2学期留学プログラム」(2学期から夏季休暇の5~10週間留学するプログラム)を新設。初年度は17名の学生が参加することが決定した。
 今年度の留学先は、カナダ、オーストラリア、マレーシア。中でも画期的なのはオーストラリアのスインバーン大学(Swinburne University of Technology)のメルボルン本校(3週間)とそのマレーシア校(7週間)で実施される10週間のプログラム。2カ国での英語研修プログラムは日本の大学の中でも珍しい、武蔵野大学独自の取り組みである。

 留学先での異文化体験からグローバルスタンダードとは何かを理解し、将来グローバル社会において活躍するための基盤となることが期待される。

■第2学期留学プログラム
【留学先】 カナダ、オーストラリア、マレーシア(大学名は下記)
【期 間】 5~10週間(派遣先大学による)
【費 用】
 基本は自己負担だが、一定の語学能力基準達成者には奨励金(10~20万円)がある
【応募資格】
 2年次以上、4学期制導入学科(グローバル・コミュニケーション学科ほか)所属の学生
【特 徴】
・6~7月は一年で最も日本人留学生の派遣が少なく、かつ渡航費が安い時期に留学可能
・このプログラムの経験が長期留学や海外インターンシップへの足がかりとなる
【学生の留学先】
・University of Victoria(カナダ)
・Deakin University(オーストラリア)
・Monash College(オーストラリア)
・The University of Queensland(オーストラリア)
・Swinburne University of Technology(オーストラリア、マレーシア)
・Asia Pacific University Technology and Innovation(マレーシア)

▼本件に関するお問い合わせ先
 武蔵野大学 企画部 企画・広報課(担当:柏原、冨山)
 TEL: 03-5530-7403
 FAX: 03-5530-3818
 E-mail: kouhou@musashino-u.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。