logo

大分県内温泉施設103軒が協力  22歳会員1.2万人超え、延べ2.6万人が無料で入浴! 『お湯マジ!22 in おんせん県おおいた』実施結果報告

大分県と株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野健) に設置された観光に関する調査・研究、地域振興機関「じゃらんリサーチセンター(以下JRC)」(センター長:沢登次彦)は、2014年11月~2015年3月において、若年層需要創出プロジェクトとして22歳を対象に日帰り温泉入浴料が無料になる企画『お湯マジ!22 in おんせん県おおいた ~ONSEN MAGIC~(以下『お湯マジ!22』)』を実施しました。その実施結果を報告します。  また『お湯マジ!22』は、今年度も秋頃より新たな22歳に向けて実施予定です(6月下旬より事業者向け説明会を実施)。



【2014年度『お湯マジ!22 in おんせん県おおいた』実施背景】
●22歳の若者が来訪・体験するきっかけをつくり、リピーターへ繋げ、温泉地の未来需要を創出する取り組み
今後人口減少が加速していく中、国内旅行市場は、地域や施設に訪れた人々をリピート顧客化することが、相対的な来訪者数や売上増加の鍵となります。地域へのリピート要因を分析する「リピーター追跡調査」(2012年JRC調べ)によると「初回訪問時に年齢が18~24歳」の人、また「温泉や宿を次回も楽しみたい欲求」がある人が、地域リピーターに繋がるとわかりました。大分県と、国内旅行市場・地域観光の活性化を目的に活動するJRCは共同し、大分県内の温泉地の新規顧客獲得・リピーター獲得を目指した若年層向けの取り組みとして2014年『お湯マジ!22』を実施しました。『お湯マジ!22』対象の22歳は大学4年生も多く、卒業旅行のタイミングでもありました。引き続き今年度も『お湯マジ!22』をきっかけに熱い思い出を大分県でつくってもらい、将来のリピーターにつなげることを目指していきます。
[画像1: リンク ]

■昨年度対象者:1992年4月2日~1993年4月1日生まれの方(昨年度の22歳が対象)
■参画施設:103軒の大分県内温泉施設・温泉宿
■会員登録期間:2014年10月6日~ 2015年3月31日
■無料化実施期間:2014年11月17日~2015年3月31日
■公式サイト:リンク
       または『お湯マジ』で検索(WEB・スマートフォン共通)
■『お湯マジ!22』の特長
・22歳であれば、誰でも無料で大分県内参画施設の日帰り温泉入浴が楽しめる。
・スマホで「マジ☆部」アプリをダウンロードし『お湯マジ!22』へ会員登録するだけで利用可能。

[報告] 2014年度『お湯マジ!22 in おんせん県おおいた』実施結果

[画像2: リンク ]

・会員のうち、本企画認知後に伝えた人数=平均5.1人 ※2 
 →大分県内の会員=平均7.1人、首都圏の会員=5.2人、関西圏の会員=4.8人
・会員のうち、SNSに書き込みした人=2人に1人(50%) ※2
・温泉施設等を利用した会員のうち、大分県に宿泊した人(宿泊利用率)=70.7% ※2
※1=「マジ☆部」アプリ登録ベース集計
※2=『お湯マジ!22』会員アンケート結果より推計

※補足:「マジ☆部」とは

[画像3: リンク ]



JRCは、若年層の行動支援プラットフォームとして「マジ☆部」を創りました。若年層需要活性施策『雪マジ!19』『Jマジ!』などを「マジ☆部」を通じて、会員に向けて展開してきました。今後も「マジ☆部」に入れば、さまざまな楽しい体験を無料で出来るという世界観を目指し、国内旅行の需要創出につながる施策を企画、実施していきます。
詳細はこちら:リンク


▼2014年度『お湯マジ!22 in おんせん県おおいた』参画施設一覧(全103施設)は下記URLよりご確認ください
リンク

▼リクルートライフスタイルについて
リンク

▼本件に関するお問い合わせ先
リンク

[画像4: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。