logo

金沢工業大学が野々市市との連携事業『野々市市民カウンセラー連続講座』第2期を開講

金沢工業大学 2015年06月10日 08時05分
From Digital PR Platform


金沢工業大学では野々市市との連携事業である『野々市市民カウンセラー連続講座』第2期を6月16日(火)から計5回開講する。今回37名の受講申し込みがあり、全5回参加の方には野々市市より修了証が授与される。


■野々市市民カウンセラー連続講座第2期
実施日: 6/16(火)・6/23(火)・6/30(火)・7/7(火)・7/14(火)
時間: 10 時~12 時(2 時間)
場所: 金沢工業大学扇が丘キャンパス12 号館1 階
主催: 野々市市、金沢工業大学心理科学研究所
対象: 野々市市民・または野々市市に通勤、通学している方等(定員30名)
参加費: 無料

開催内容
●1回 6月16日(火)
・開講式・オリエンテーション・塩谷教授による講義

●2回 6月23日(火)
・傾聴訓練I・役割演技ワークショップ

●3回 6月30日(火)
・傾聴訓練II・役割演技ワークショップ

●4回 7月7日(火)
・社会資源、相談窓口の紹介・役割演技ワークショップ

●5回 7月14日(火)
・まとめのワークショップ・修了式


『野々市市民カウンセラー連続講座』について

 野々市市と金沢工業大学の連携事業である『野々市市民カウンセラー連続講座』は、平成26年度に発足した取り組み。本プロジェクトでは野々市市民や野々市で働く方を対象としており、カウンセリングの基礎技能と社会資源の知識を修得してもらう連続講義を行うことで、野々市市内の癒しの力を向上させることを目的としている。同大心理科学研究所の教員と大学院生が講師となり講義やグループワークを行い、傾聴スキルを学んでいく。平成26年度には募集定員30名があっという間に埋まったため、急遽増員して40名で活動を行った。
 平成27年度は前年度に好評だったことを受けて、前期(第2期)と後期(第3期)の2回に分けて講座を開講することになった。今回前期(第2期)の募集を定員30名で行ったところ瞬く間に定員は埋まり、昨年度同様増員が必要となった。前期(第2期)は6月から7月にかけて全5回の連続講座が開講され、全て受講すると野々市市から修了証が授与される。

野々市市民カウンセラー講座修了生の会「ほわっと」

 昨年度に本講座を受講し終えた第1期修了生たちが、自主的な活動を促進するために「ほわっと」という会を発足した。自主的な勉強会や集会が計画されており、野々市市および塩谷教授をはじめとする同大の教職員による協力関係も構築されている。市民カウンセラー講座修了後に学んだ知識を地域に還元できる場として、第2期、第3期とさらに発展的な広がりを見せていくと期待されている。

▼本件に関する問い合わせ先
 金沢工業大学 広報課
 石川県野々市市扇が丘7-1
 TEL: 076-246-4784
 E-Mail: koho@kanazawa-it.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。