logo

清泉女子大学が6月20日の「世界難民の日」に公開シンポジウムを開催 -- ボランティアセンター設立10周年記念行事

清泉女子大学 2015年06月09日 08時05分
From Digital PR Platform


清泉女子大学(東京都品川区)は6月20日(土)に、世界難民の日に合わせて、公開シンポジウム「『地球市民』としてできること~私たちの『多文化共生』」を開催する。これは、同大ボランティアセンター設立10周年を記念したもの。大野俊・文学部教授が基調講演を行うほか、女優のサヘル・ローズ氏による記念講演、UNHCR奨学生ドアン・ティ・チャン氏と学生の対話などが行われる。入場無料。


 清泉女子大学ボランティアセンターは、2006年4月に開設。主にボランティアに関する情報を発信し、学生たちの主体的な取り組みを支援している。
(参考)ボランティアセンター
 リンク

 同大ではこのたび、このボランティアセンターの10周年記念行事の一環として、6月20日の「世界難民の日」に合わせて公開シンポジウム「『地球市民』としてできること~私たちの『多文化共生』~今から知ろう 考えよう つながろう」を開催。世界的にますます大きな課題となっている難民への理解を深め、彼らについて考える機会を設けることで、私たちが「地球市民」の一員として何かできるのか、参加者と共に考える。概要は下記の通り。

◆清泉女子大学ボランティアセンター10周年記念行事 世界難民の日 公開シンポジウム
 「地球市民」としてできること~私たちの「多文化共生」~今から知ろう 考えよう つながろう
【日 時】 6月20日(土) 14:00~17:00(予定、開場 13:30)※入退場自由
【場 所】
 清泉女子大学 講堂 (東京都品川区東五反田3-16-21)
 ※駐車場はございませんので、公共交通機関でお越しください。
【アクセス】
・JR、都営地下鉄浅草線、東急池上線「五反田」駅 徒歩10分
・JR「品川」駅 徒歩15分
・JR「大崎」駅 徒歩10分
・都営地下鉄浅草線「高輪台」駅 徒歩10分
【入場料】 無料
【定 員】 400名(事前申し込み推奨)
【内 容】
(1)清泉女子大学 地球市民学科教授 大野俊先生の基調講演・本学学生の取り組み発表
(2)ドアン・ティ・チャンさん(UNHCR奨学生)の報告と本学学生との対話
(3)サヘル・ローズさん(女優)の記念講演
【主 催】
 清泉女子大学ボランティアセンター
 清泉女子大学文学部地球市民学科
【協 力】
 カトリック東京国際センター(CTIC)
 株式会社アルーシャ
 カリタスジャパン
 首都圏カトリック大学(白百合女子大学/上智大学/聖心女子大学/清泉女子大学/東京純心大学)
【後 援】
 国連難民高等弁務事官駐日事務所 (UNHCR)
 認定NPO法人難民支援協会(JAR)
 NPO法人なんみんフォーラム(FRJ)
 認定NPO法人難民を助ける会(AAR Japan)
 社会福祉法人さぽうと21
【申し込み】 リンク

●清泉女子大学ボランティアセンター10周年記念行事学生実行委員会 Facebook
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 清泉女子大学ボランティアセンター
 TEL&FAX : 03-5421-3260
 Email: vc0620@seisen-u.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。