logo

株式会社金門光波は世界初の可視ファイバーレーザを採用したシングルモード紫外レーザ装置の開発に成功

株式会社金門光波 2015年06月08日 09時00分
From PR TIMES

ヘリウム・カドミウムレーザの世界トップメーカーである株式会社金門光波(本社:東京都板橋区)は、世界初の可視ファイバーレーザを応用したシングルモードの紫外レーザ装置の開発に成功しました。開発に成功したレーザは発振波長が紫外域の319nmの連続光で、可視ファイバーレーザ光を波長変換した紫外レーザ装置です。構造がシンプルで高変換効率、長寿命の特徴を持っており、実機をLASER World of PHOTONICS 2015(6月22日~25日、ドイツ・ミュンヘン)にて展示します。フォトルミネッセンス、フローサイトメトリー、ラマン分光、干渉露光装置、3Dプリンタ、直接描画等の様々な装置への応用が見込まれます。2016年第一四半期において量産製品の出荷を予定しており、販売開始後2~3年で年間数十億の売上を見込んでおります。


<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社金門光波 開発部 佐藤
e-mail:t.sato@kimmon.com
TEL :03-5248-4820


Press Release

                                            June 8, 2015
                                      KIMMON KOHA CO., LTD.


Kimmon Developed a Single Mode Ultraviolet Fiber Laser System


Kimmon(Tokyo, Japan), the world’s top manufacturer of Helium-Cadmium lasers, has succeeded in the development of a new single mode ultraviolet fiber laser system. It is believed to be the world’s first 319nm CW laser with SHG of visible fiber laser. Some of the major features include simple structure, high conversion efficiency, and long lifetime. An unit will be shown at the upcoming LASER World of PHOTONICS 2015 (June 22 to 25, Munich, Germany). The laser will have wide variety of applications including photoluminescence, flow cytometry, Raman spectroscopy, holographic gratings, 3D printer, direct writing, and so on. Mass production is scheduled for Q1 2016, and it is expected to reach sales of $20-$30 million within a few years.


KIMMON KOHA CO., LTD.
e-mail : japan@kimmon.com
TEL : +81-3-5248-4820

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。