logo

ピンク色の歯茎で口元美人を取り戻したい! 天然除菌力で口内浄化する歯磨きジェル新発売

有限会社トロフィー佐藤 2015年06月03日 15時36分
From 共同通信PRワイヤー

2015年6月3日

有限会社トロフィー佐藤

若さをハグキから取り戻して口元美人になりたい
天然の抗菌力で歯周病菌の原因菌、ジンジバリス菌を除菌
口内環境を整える99.9%除菌力成分を使った歯磨きジェル新発売

有限会社トロフィー佐藤(東京都墨田区、代表 佐藤健志)は2015年6月15日より、木曽檜蒸留水を成分の約80%に用いた「木曽檜歯磨きジェル」を発売します。天然100%の木曽檜蒸留水には、歯周病菌の代表格であるジンジバリス菌を99.9%除菌する効果が認められています。         (日本食品分析センター 第14081497002-0201号)
リンク

発売前のモニター感想として最も多いのが、ハグキの引き締まり感が良い、というものです。ハグキがきれいなピンク色になり、つやつやになったように感じる、とうい方もいらっしゃいます。最近、ハグキの緩みを感じる方は、歯周病菌の原因菌であるジンジバリス菌を除菌して、理想的な口内環境と健康的なハグキを取り戻して、口元美人になりましょう。

・木曽檜ジェルが届ける7つの幸せ
1、歯周病菌、虫歯菌の代表格菌を木曽ヒノキの自然の力で99.9%除菌できる幸せ。
2、通常の歯磨き粉では経験できない、除菌されたスッキリすべすべ感を満喫できる幸せ。
3、口中浄化、口臭予防、虫歯予防の効果を口内除菌から促進できる幸せ。
4、ジンジバリス菌の除菌により、歯茎の引き締まりを感じることが出来る幸せ。
5、木曽ヒノキの癒し効果で、歯磨きの時間をリラックスタイムにできる幸せ。
6、人体に悪影響の可能性がある成分を一切含まないので安心して毎日使える幸せ。
7、ジェル状なので電動歯ブラシが故障しない幸せ(電動歯ブラシの故障は歯磨き粉凝固が主原因)。

・エビデンス(検査証明)がある大事さ
製品に対する信頼性を求める現在、エビデンス(検査証明)の存在はとても重要です。
「エビデンスも無く、なんだか良さそうな成分」と「効果についてのエビデンスのある成分」
皆さんが選ぶのはどちらなのか言わずもがなでしょう。

・なぜ木曽檜に除菌力があるのか?
木曽檜は長野県木曽地方で300年以上かけて育てられるヒノキです。木曽檜はその全てが国有林であり、伐採される本数などが厳しく管理されています。主な使用用途は国の重要な寺社仏閣などで、日本の御神木といわれています。30年ほどで伐採される一般的なヒノキと比べ、とても長い時間で育てられるため、抗菌力・癒し効果など木曽檜にしかない独自の特徴が生まれます。

商品名:木曽檜歯磨きジェル
内容量:50g(約200回プッシュ)
価 格:1,800円(税別)
発売日:2015年6月15日予定
販売数:初回は5,000本の予約限定販売
(10月までに50,000本/月の生産体制になります:注1)
リンク
(木曽ヒノキ歯磨きで検索して下さい)

・取得済みのエビデンス
木曽ヒノキ蒸留水は、ジンジバリス菌を5分以内に99.9%除菌します。また、ミュータンス菌(いわゆる虫歯菌)も60分以内に99.9%除菌します。一般社団法人日本食品分析センターで取得済みのエビデンスは下記のとおりになります。
・第14081497002-0201号 ジンジバリス菌99.9%除菌
・第14081497002-0501号 ミュータンス菌99.9%除菌
・第13038131001-02号 経口試験(飲んでも身体に害が無いことの証明)
・第13038131001-03号 皮膚刺激試験(皮膚についても害が無いことの証明)
・第11051895001-01号 成分試験(重金属などが含まれていないことの証明)
・第13092569001-02号 黄色ブドウ球菌99%以上除菌

・歯周病とジンジバリス菌
15歳以上の国内歯周病患者は3,700万人にもなります(注2)。歯周病は、日本人が歯を失う最も大きな原因であり、口臭の原因でもあります。朝起きたとき、口の中がネバネバしているのは歯周病菌の代表格であるジンジバリス菌などが増殖していることが原因です。
また、最近の発表では、歯周病が悪化してジンジバリス菌が血管から全身に回ると、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしやすくなるということも分かっています。         
ジンジバリス菌の除菌は自分の命と歯、爽やかな息を保つために有効な歯周病対策です。特に免疫力が低下している高齢者は歯周病にかかりやすく、歯周病対策はとても重要です。

注1)貴重な材料を使用のため、継続的にお届けできるには最大50,000本/月の生産となります。材料の枯渇を招かないための限定生産とご理解下さい。
注2)H17年歯科疾患状態調査





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。