logo

macでファイルの文字コードを変換する『nkfコマンド』の使い方とオプション一覧

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「macでファイルの文字コードを変換する『nkfコマンド』の使い方とオプション一覧」を公開しました。

###
今回はmacでファイルの文字コードを変換する『nkfコマンド』の使い方です。

今回困ったこと
「UTF-8」でエンコーディングされたhtmlファイルを「Shift-JIS」に変換したい。
ファイルのcharset宣言だけ変えたら文字化けした(調べてみて、そりゃそうだと納得・・・。)
sublime textは「UTF-8」しか使えないらしい。

環境
OS X 10.10.2

まずはnkfコマンドがインストールされているかチェック。デフォルトでは入っていないようです。

$ nkf –version
インストールされていない場合はエラーが出ます。インストールしましょう。

「Homebrew」でnkfコマンドをインストール
OS X用パッケージマネージャー「Homebrew」でnkfコマンドをインストールします。
「Homebrew」の環境が整っていない場合は公式サイトを参照してください。
$ brew install nkf

インストールできたらバージョンをチェック
$ nkf –version

NetworkKanjiFilterVersion2.1.3(2013-11-22)

Copyright(C)1987, FUJITSU LTD.(I.Ichikawa).

Copyright(C)1996-2013,The nkfProject.

バージョンが表示されたらok

nkfコマンドの書式
$ nkf [options] [file]

【nkfコマンドの主なオプション】

-u 出力時にバッファリングを行わない
-j JISコードに変換する
-e EUCコードに変換する
-s シフトJISコードに変換する
-w UTF8コードに変換する
-r ROT13/47の変換する
-T テキスト・モードで出力する
file 変換元のファイルを指定する
-g 文字コード自動判別の結果を表示
–overwrite 引数のファイルに直接上書き

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事