logo

メディアテックがMT7623とMT7683を発表

メディアテック 2015年06月02日 16時27分
From 共同通信PRワイヤー

メディアテックがMT7623とMT7683を発表

AisaNet 60708 (0732)

【新竹(台湾)2015年6月1日PRN=共同通信JBN】
MT7623とMT7683は、ハイスピードWLANとLANを接続する複数規格準拠のIoTゲートウエーで、セキュアなスマートホームを実現する

MT7623とMT7683は革新的なTRGMII(ターボEthernetインターフェース)を搭載し、コネクテッド体験を迅速化のためにWLANとLANとの双方向トラフィックを可能にする

電力効率に優れ高度に統合されたIoT(インターネット・オブ・シングス)技術のリーダーであるメディアテック(MediaTek)は1日、プレミアム・クアッドコアCA7プラットフォームであるMT7623とMT7683の発売を発表した。MT7623とMT7683は、4x4 11ac小売用ブロードバンド・ルーター、IoTゲートウエー、WiFiホットスポット、LinuxおよびOpenWrtを使用するメディア・ルーターをサポートし、複数のプラットフォーム上でシームレスな接続と強化されたユーザー体験を保証する。MT7623とMT7683は、迅速でセキュアなワイヤレス体験向けのセキュリティー最新機能もサポートする。MT7623とMT7683は2015年第3四半期に発売され、2015年中にはホーム・コントロール・ソリューションに搭載される予定。

MT7623とMT7683は多数の主要なIoT規格をサポートし、異なる規格のIoTデバイスがスマートホームの中で同時稼働することを可能にする世界初のゲートウエーである。実現したスマートホーム・ゲートウエーは、OICとARM mBedデバイスをプリスレッドによってネットワーキング可能とし、さまざまなIoT規格間の相互運用性を実現、すべてのIoTデバイス間の容易な通信を促進する。MT7623とMT7683は、MT7687とシームレスに連動する。MT7687は強化されたセキュリティー・エンジンを搭載したメディアテック初のARM Cortex M4 IoT WiFi SoCである。メディアテックはトレンドマイクロなどの大手セキュリティー・ソフトウエア企業と連携し、ゲートウエーから周辺機器までのすべてのIoTデバイス向け総合セキュリティー管理を提供する。この総合的なセキュリティー・アプローチは、コネクテッドIoTデバイスの急増に伴い大きな懸念材料となっているセキュリティー脅威とプライバシー攻撃を緩和することができる。

トレンドマイクロのNetwork Threat Defense Technology Group担当副社長であるテレンス・リュー氏は「トレンドマイクロはすべてのIoTデバイスで総合的なセキュリティーを提供することによってサイバー脅威からユーザーを防御することにコミットしている。われわれはIoTエコシステム、とりわけセキュアなユーザー体験に関してリーダーシップを発揮しているメディアテックと協力していく」と語った。

MT7623とMT7683は、多彩な方法でさまざまなソースのコンテンツをサポートする。そのコンテンツは、ケーブルないしはBluetooth接続のオーディオおよびビジュアル・コンテンツ、BLE接続のウエアラブル・デバイスのコンテンツ、WiFi接続のゲスト・モバイルデバイスのコンテンツ、さらにWiFi 、NFC接続のタップ・アンド・コネクトによるBluetoothである。MT7623とMT7683はホームアプライアンスのセントラルハブとして機能し、コネクテッドホーム向けの完全なソリューションを実現する。サポートされるデバイスは、ホームセキュリティー、照明、温度コントロールなどすべてをコントロールすることを支援する。業務サポートであれホームサポートであれ、MT7623は最大2Gbpsのブロードバンド・サービスに加え、自宅で利用するスマートフォンにとって必要なハイスループットも提供することができる。MT7683はMali 450 GPUとHDMI/MIPIを搭載する世界初のAPルーターを装備し、テレビないしはパネルを通じてコネクテッドIoTデバイスの状況を表示する。

メディアテックの新しいゲートウエーは、MT7623とMT7683の2つのコンフィグレーションで提供される。MT7623は、MT7615(MT7615はMU-MIMO、BW160、インターナルFEMをサポートする4x4 11acチップ)はプレミアムな4x4 11ac家庭および企業用ルーター向けに設計されている。MT7683は、IoTゲートウエーとメディア・ルーター向けに設計されている。

MT7623
*強力なクアッド1.3GHz CA7を可能にするDVFSを搭載した低電力消費の4x4 AP
*5UTP、PCIe、USB3、USB2、SDIO、SPI、PWMなどを装備した豊富なI/Oセット:5つのポートGbEスイッチ
*最高のT-PUTでMT7615 4x4 11acを強化する内蔵のWiFiスニッファーとバックグラウンド・スキャン機能。BTスピーカーおよびウエアラブル・デバイスと接続できる内蔵のBT 4.1/BLE
*2.5Gbpsのシームレスなハードウエア・エンジン:NAT + QoS + SFQ
*1Gbps VPN暗号化エンジン

MT7683
*強力なクアッド1.3GHz CA7を可能にするDVFSを搭載した低電力消費のIoTゲートウエー
*豊富なI/Oセット:HDMI、MIPI、PCIe、USB3、USB2、SDIO、SPI、PWM、ADC、DAC、IR Rx、PCM、RGMII + TRGMII
*HDMI/MIPI搭載の世界初のAPルーターは1080P/60FPと720pタッチパネルをサポート
*BTスピーカー、ウエアラブル・デバイスと接続できる内蔵BT 4.1/BLE
*2Gbpsのシームレスなハードウエア・エンジン:NAT + QoS + SFQ
*1Gbps VPN暗号化エンジン

MT7623とMT7683は2015年第3四半期に発売され、2015年中にはホーム・コネクション・ソリューションに搭載される予定。

▽メディアテック社(MediaTek Inc.)について
メディアテックは、ファブレス半導体企業の先駆者であり、ワイヤレス・コミュニケーションおよびコネクティビティー、HDTV、DVD、ブルーレイ向けSoC業界における市場のリーダーである。メディアテックはLTEおよび当社のCorePilot(R)技術によって世界初のTrue 8core(TM)スマートフォン・プラットフォームを開発し、マルチコア・モバイル・プロセッサーの能力を全面的に引き出した。また、MediaTek Labsを通じて、デバイス製造、アプリケーション開発、同社提供製品に関連するサービスをサポートする世界規模のエコシステムを提供している。選ばれた人ではなく一般向けのテクノロジーを活用することで、あらゆる人がEveryday Genius(R)になれる。メディアテック(TSE:2454)は台湾に本拠を構え、世界各国にオフィスを持っている。詳細はwww.mediatek.comを参照。

▽メディアテック・プレスオフィス
PR@mediatek.com

Kristin Taylor, MediaTek
+1 408-768-2941
2860 Junction Ave, San Jose, CA 95134, USA

Joey Lee, MediaTek
+886 3-567-0766 # 31602
No. 1, Dusing 1st Rd., Hsinchu Science Park, Hsinchu City 30078, Taiwan

ソース:MediaTek Inc

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。