logo

法人用無線LANにおけるCiscoSystems社製品の優位性-基本編

株式会社ディーアイエスソリューション(DSol)はコラム「法人用無線LANにおけるCiscoSystems社製品の優位性-基本編」を公開しました

###

 法人用の無線LAN機器といっても、たくさんのメーカが製品を販売しています。その中で、弊社ディーアイエスソリューションではまず、CiscoSystems社製品をご提案しております。何故か?それは、法人用無線製品の中でも、非常に大きな優位性を持っているからにほかなりません。具体的に述べますと・・・・

-電波強度・利用チャンネルの自動調整機能
比較的多数のアクセスポイントを設置する必要がある法人用無線LANにおいて、一番の要調整事項はそれぞれのアクセスポイントの電波強度と、利用チャンネルの設計です。同じチャンネル帯の電波が重複すると電波干渉が発生してしまいます。電波干渉により、電波の送受信が困難な場所(カバレッジホール)が出来ると、無線通信が不安定になったり、スムーズなローミングが行えなくなります。

 電波強度と利用チャンネルの設計とはつまり、「電波干渉しない環境」を作り出す、ということです。無線LANで利用できるチャンネルの数は限られていますので、設置するフロア内の全ての場所で干渉が起こらないように、電波強度と利用チャンネルをしっかりと設計する必要があるのです。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。