logo

『北陸新幹線の開通は地域社会に何をもたらすのか』~6月20日(土)、明治大学駿河台キャンパスで開催

明治大学 2015年05月30日 08時05分
From Digital PR Platform


明治大学大学院商学研究科は6月20日(土)、学術セミナー『北陸新幹線の開通は地域社会に何をもたらすのか』を駿河台キャンパスで開催する。入場無料、事前予約不要。


 今年3月に長野−金沢間が開業した北陸新幹線。沿線の金沢・富山・長野の各県は、新幹線延伸による地域振興、中でも地域経済波及効果に期待を寄せている。一方、新幹線の開通に伴いJRから経営分離された並行在来線の運営や、受益と負担の地域格差などさまざまな課題も浮かんできている。

 今回のセミナーでは、交通政策を専門とする明治大学の藤井秀登教授がコーディネーターとなり、北陸新幹線の開通が沿線の地域社会に与える影響について、地域の内と外の視点を交えて論じ、北陸新幹線と地域社会の発展に資する提言をする。

◆明治大学大学院商学研究科 第9回学術セミナー
 『北陸新幹線の開通は地域社会に何をもたらすのか』(入場無料、事前予約不要)

【日 時】 6月20日(土)13時00分~15時50分
【会 場】
 明治大学 駿河台キャンパス グローバルフロント1階グローバルホール(千代田区神田駿河台1-1)

■内容
【講演】
 (1)「北陸新幹線開通前倒し」と「金沢、その後背地」に関わる「思想」(篠崎尚夫・金沢星稜大学女子短期大学部学長・博士(経済学))
 (2)北陸新幹線開通後における沿線地域の可能性(倉谷裕・株式会社JTB総合研究所主任研究員)
 【パネルディスカッション】
  司会: 藤井秀登・明治大学商学部教授

▼一般の方の問い合わせ
 明治大学大学院事務室・商学研究科担当
 TEL: 03-3296-4704

▼取材に関する問い合わせ
 明治大学 広報課
 TEL: 03-3296-4330
 E-mail: koho@mics.meiji.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。