logo

第3回ハーバライフ アジア・パシフィック ウエルネス・ツアー盛況に終わる

JCN 2015年05月29日 12時10分
From JCN Newswire


HONG KONG, May 29, 2015 - ( JCN Newswire ) - グローバルに栄養補助食品を販売するハーバライフは、第3回アジア・パシフィック ウエルネス・ツアーをオーストラリア、カンボジア、香港、インド、インドネシア、日本、マカオ、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、台湾、タイ、ベトナムのアジア・パシフィック地域24都市で実施し、大きな成功を収めました。2015年4月3日~25日に開催されたこのツアーでは、ハーバライフのニュートリション・アドバイザリー・ボード(NAB)メンバーがリーダーを務める様々なアクティビティーが実施され、15,000人が参加しました。

アジア・パシフィック ウエルネス・ツアーは、バランスの良い栄養摂取とヘルシーでアクティブなライフスタイルの大切さについて一般消費者の意識向上を図り、ハーバライフ・メンバーに健康と栄養に関する情報を提供するだけでなく、医療および栄養分野の専門家と直接コミュニケーションできる機会を提供することを目的とし、6人のハーバライフNABメンバーによる医療シンポジウム、講演会そしてワークショップが実施されました。当ツアーに参加したNABメンバーは、代謝と栄養を専門とするWang Chin-Kun博士、心臓血管科学の権威でノーベル賞受賞者のLouis Ignarro博士、小児科と栄養学のNataniel Viuniski博士、脳の健康と老化が専門のGary Small博士、栄養学と肥満を専門とするMarion Flechtner-Mors博士、スポーツ医学のエキスパートJonathan Yarom博士の6名です。

ウエルネス・ツアーのハイライトの1つは、インドネシアのジャカルタとスラバヤで行われたGary Small博士による「脳の健康を守る長期戦略」をテーマとした医療シンポジウムで、インドネシアの医療団体であるインドネシア医師会(IDI)と共催した当セッションには、400人以上の医療専門家が参加しました。

ジャカルタのシンポジウムに参加した家庭医のCarolina Pretty博士は、「第3回ハーバライフ アジア・パシフィック ウエルネス・ツアーは、私にとって素晴らしい経験でした。Gary Small博士による医療シンポジウムは情報が豊富で、好奇心を刺激されました。栄養と脳の健康全般との相関関係についてもっと詳しく知りたいと思いました。次回のイベントには同僚の医療専門家を誘って一緒に参加するつもりです。」とコメントしています。

さらに、マレーシアのクアラルンプールで開催されたNathaniel Viuniski博士による「小児肥満の有病率と対策の必要性」についてのトークセッションには、100人以上の医療関係者、講師、教授、学生などが参加しました。この双方向セッションは、AMU (Asia Metropolitan University)とUKMMC (University Kebangsaan Malaysia Medical Centre)との協同で実施されたもので、肥満の増加傾向について説明し、問題の拡大防止には正しい栄養摂取が大切であることを強調しました。

当ウエルネス・ツアーを振り返り、ハーバライフ アジア・パシフィック地域 シニア・バイス・プレジデント&マネージング・ディレクターのウイリアム・ラーンは以下のように述べています。「これまで3回にわたり開催してきたハーバライフ アジア・パシフィック ウエルネス・ツアーは大きな反響を呼び、大盛況のうちに終了しました。今回の参加者の多さは、栄養バランスやヘルシーでアクティブなライフスタイルの大切さについて意識向上を図る私たちの活動が実を結びつつあることをはっきりと示しています。アジア・パシフィック地域においては、ヘルスケアや医療の専門家だけでなく、一般消費者にも肥満増加と高齢化への対策についての関心が広がっています。この地域の皆様が豊かで健康な生活を送るために、実用的な方法を使って、正しい栄養とライフスタイルを選べるようになっていただけるよう、引き続き正しい栄養摂取の大切さについてさらなる意識の向上を目指します。」

企業ロゴ
リンク

ハーバライフについて

ハーバライフはウエイト・マネージメント製品、栄養補助食品、パーソナルケア製品など、ヘルシーでアクティブなライフスタイルの支援を目的とする製品を販売するグローバル企業です。ハーバライフの製品は世界90カ国以上のハーバライフ・メンバーによるネットワークを通じて販売されています。ハーバライフは、世界的に拡大する肥満問題にとりくむ高品質な製品を販売し、ハーバライフ・メンバーによる細やかなカスタマー・サービスとコミュニティー活動の提供を通じて、消費者のヘルシーでアクティブなライフスタイルづくりに貢献しています。

ハーバライフ・ファミリー・ファンデーション(HHF)とそのフラッグシッププログラム、カーサ・ハーバライフ・プログラムは、子供たちによりよい栄養環境を提供する支援をしています。また、クリスティアーノ・ロナウド、ロサンゼルス・ギャラクシーなど、全世界で250以上のアスリートやチーム、スポーツイベントを支援しています。

ハーバライフニューヨーク証券取引所に株式を上場し(NYSE: HLF)、全世界の従業員数は7,400名以上。2014年の純売上高は50億米ドルを記録しました。

その他の会社情報はハーバライフホームページをご覧ください。 www.herbalife.com

お問い合わせ
ハーバライフ アジア・パシフィック地域
コーポレートコミュニケーション・バイスプレジデント
Daliea Mohamad-Liauw
電話(DID): +852-3589-2643
Eメール: dalieal@herbalife.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。