logo

ルッキング・イースト:日本はどれだけモネやゴッホら欧米アーティストに影響を与えたか

アジア美術館(Asian Art Museum) 2015年05月29日 10時27分
From 共同通信PRワイヤー

ルッキング・イースト:日本はどれだけモネやゴッホら欧米アーティストに影響を与えたか

AsiaNet 60658 (0708)

【サンフランシスコ2015年5月28日PRN=共同通信JBN】
*アジア美術館(Asian Art Museum)は、欧米のアーティストに与えた日本の影響を探究する展示会で欧州、米国、日本の傑作を紹介

日本が何世紀にもわたる鎖国のあとで1850年代に国際貿易に扉を開いたことは、欧州と北米のコレクター、アーティスト、デザイナーに日本のものすべてに対する熱狂を引き起こした。フランスの作家が「ジャポニスム(日本趣味)」と名付けたこの現象は、近代欧米芸術のコースを急変させた。サンフランシスコのアジア美術館は、巡回展「Looking East: How Japan Inspired Monet, Van Gogh, and Other Western Artists(ルッキング・イースト:日本はどれだけモネやヴァン・ゴッホら欧米アーティストに影響を与えたか)」によってこの広範囲におよぶ進展を探究する。展示会は、次第に日本に魅了されていく欧米、日本のモノのコレクション、日本主題の物事やスタイル探究の跡をたどる。Looking Eastは2015年10月30日から2016年2月7日まで展示し、最終の数週間は同美術館開館50周年の2016年のスタートに重なる。美術館はこの重要な節目を祝賀して2016年いっぱい特別のイベント、アクティビティーを展開する。

Photo - リンク
Photo - リンク

Looking Eastはボストン美術館の有名なコレクションから170点を超える芸術作品を特集し、その中には偉大な印象派およびポスト印象派の画家、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ、クロード・モネ、メアリー・カサット、エドガー・ドガ、ポール・ゴーギャンらの傑作がある。日本の芸術と文化は欧米全域の著名アーティストを刺激し、新たなビジョンやまれに見る美しさの作品を生み出した。日本芸術に深く感動したヴァン・ゴッホは1888年の書簡に「自分の全作品は日本を基礎にしている」と書くまでに至った。

展示会は4つのテーマを設定し、「女性」「都市生活」「自然」および「風景」に対する日本的手法の影響をトレースする。それぞれのテーマのもと、日本の芸術作品を米国ないし欧州の作品と並べ、欧米による新主題、形式的手法の吸収を示す。北川歌麿、歌川広重、葛飾北斎ら名高い巨匠の手による日本の木版画が多種多様な欧米アーティストの油絵、プリント、写真と対話するように展示され、ジャポニスムの地域的バリエーションを明らかにする。日本の銅製つば、糸目入り型紙が欧米メーカー、ブシュロン、Gorham、ティファニーの金属製品と並べられる。フランク・ロイド・ライトがデザインした椅子など日常生活に使われるその他の品々も、日本デザインの欧米への広範な影響を見せている。

展示会のこのほかのハイライトは、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの「郵便配達夫ルーラン」、クロード・モネの「睡蓮」、オットー・エックマンがデザインした優雅なウールのタペストリー「5羽の白鳥」、ポール・ゴーギャンの「二人のブルターニュのいる風景」、窪俊満の掛け軸「新年雪中の遊女」などである。

ボストン美術館が企画した展示会はナッシュビルのフリスト・センター・フォー・ビジュアル・アーツで初公開されたあと日本を巡回し、次いでケベック美術館に回る。日本美術キュレーターのローラ・アレン博士、日本美術のアシスタント・キュレーター、森島裕貴博士が監修するアジア美術館の展示は、この国際巡回展の最終開催になる。同美術館は1月7日から毎木曜日、Looking Eastの展示時間を午後9時まで延長する。

▽展示会オーガニゼーション
「Looking East: How Japan Inspired Monet, Van Gogh, and Other Western Artists」はボストンのアジア美術館が企画した。展示会はウィリアム・ボウズJr.夫妻、バーナード・オシャー財団、ダイアン・B・ウィルジー氏、ユナイテッド航空、The Akiko Yamazaki and
Jerry Yang Fund for Excellence in Exhibitions and Presentations、東芝国際交流財団の手厚い支援のおかげで開催できる。

より詳しい情報は以下を参照:www.asianart.org

▽報道関係問い合わせ先
Tim Hallman
+1.415.581.3711
pr@asianart.org

Annie Tsang
+1.415.581.3560
annietsang@asianart.org

ソース:Asian Art Museum

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。