logo

Saietta Groupがバイク用高性能電動ドライブトレインを発表

Saietta Group 2015年05月28日 18時58分
From 共同通信PRワイヤー

Saietta Groupがバイク用高性能電動ドライブトレインを発表

AsiaNet 60649 (0703)

【バイチェスター(英国)2015年5月28日PRN=共同通信JBN】Saietta Groupは28日、現在進行中の内燃エンジンから高性能電動ドライブトレイン搭載車両への転換をリードする企業になる、としたビジョンを発表した。

(Photo: リンク

(Photo: リンク

Saiettaは明確な趣旨書の中で、オートバイ新時代の先頭に立とうとする画期的な高性能電動モーターバイクのティーザー画像を発表した。

このバイクはNGS(Next Generation Saietta)のコードネームを持ち、Agility GlobalとAgni Motorsとの最近の合併によってできた新生Saietta Groupが今後発表する予定のシリーズ第1弾となるものだ。

Saietta Group共同創立者のローレンス・マラッツィ氏は「Saiettaは内燃エンジンの性能をしのぐ電動ドライブトレインで、自動車やスクーター、オートバイそしてトゥクトゥクにいたるまですべての車両分野を再編する。NGSはこの分野における当社のデザイン、エンジニアリング、システム・インテグレーション、そして生産におけるコア・コンピタンスを示すものだ」として次のように述べた。

「プロトタイプはSaietta Rが8番目で最後になった。NGSはそれこそ電気ショックを起こすほどの高性能、比類のない走行距離、広範なパーソナライズ・オプション、さらに非常に特徴的でアイコン的な存在感で、バイク全体に技術的なステップ変化を起こし、新たな時代を開くものになる。NGSは当グループにとって最高級、最高性能を誇る旗艦マシンで、Agility とAgniとの新たな合併で何ができるか示している」

もう1人のSaietta Group共同創立者であるアービンド・ラバディア氏は「当社はすでにクラス最高の重量比出力および効率レベルを持ち、非常に効率的かつ軽量コンパクトな電動モーターを持っている。当社モーターはすでに世界の電動バイクレースで優勝したバイクの8割以上に使われており、電動モーターボートレースでは世界記録を樹立し、さらに何と最初の有人電動ヘリコプターにも使われている」として、次のように述べた。

「過去1世紀以上にわたり、内燃エンジンには細かな改良が加えられてきたが、今や車両にはより効率的で、コスト効率も良く、持続可能な電動モーターの未来に向けたステップ変化が必要だ。今後数カ月にわたってNGSに関するさらに詳しい情報を発表する予定であり、関心がある向きはsaietta.com(リンク )でニューズレターに契約をしてもらえれば、独占情報を提供する」

Saiettaの「Pure Power」動画はウェブサイト(リンク )で視聴が可能。

▽編集者注
Saietta Groupは英国に本拠を置き、各種車両分野で使われる電動ドライブトレインに特化した設計、エンジニアリング、製造を行う企業である。他社が進化するところ、Saiettaは最先端F1技術と宇宙航空技術とを独自に組み合わせて変革を行っている。Saietta Groupは3事業部からなる。

Saietta Engineering:新しい革新的なモーター、ジェネレーター、制御装置、全ドライブトレインの開発、製造。
Saietta Motorcycles:高級電動ロードバイクの設計、製造、販売。
Saietta Racing:Saietta製品の最も過酷なレース環境におけるテスト、および専門レース用モーターサイクル、モーター、制御装置の販売。

同グループはオックスフォードシャーにある旧英国空軍基地に本拠をおいており、20マイル(約32キロ)以上の距離を持つテスト・トラックを同社のために使える。さらに近隣には相手先ブランドで製造する大手自動車メーカー、F1チーム、およびそれらに部品を提供する1次サプライヤーなどがいるため、技術パートナーとの連動性も良い。電動ドライブトレインの製造はインドの経済特区で行われている。

▽詳しい情報または高解像の写真は以下を参照。
marketing@saietta.com | +44(0)1869-233-121
saietta.com [リンク ]
@saiettagroup | #NEWBREED

Saietta Pure Power Film: リンク

ソース:Saietta Group

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。