logo

昭和電工とマイクロ波化学、透明導電パターン形成用 銀ナノワイヤーインクの量産を開始

JCN 2015年05月28日 11時40分
From JCN Newswire


TOKYO, May 28, 2015 - ( JCN Newswire ) - 昭和電工株式会社(社長:市川 秀夫 以下、昭和電工)とマイクロ波化学株式会社(社長:吉野 巌 以下、マイクロ波化学)は、印刷技術によって透明導電パターンを形成する銀ナノワイヤーインクについて、共同で量産技術を開発しました。

昭和電工は、2012年に国立大学法人 大阪大学の菅沼克昭教授と共同で、印刷により透明導電パターンを形成する銀ナノワイヤーインクを開発しています*。銀ナノワイヤーインクで高い光透過性と導電性を実現するには、金属ナノ材料である銀ナノワイヤーのアスペクト比(長さと径の比)を高めることが重要であり、従来の合成方法では銀ナノ粒子が表面全体で結晶成長しやすくワイヤー状になりにくいことから、安定的に生産するための量産技術の確立が課題となっていました。

昭和電工およびマイクロ波化学は、今回、選択加熱技術のひとつであるマイクロ波加熱を用いた合成方法を開発しました。銀ナノワイヤーの成長過程において銀ナノ粒子にマイクロ波を照射すると、成長末端のみがエネルギーを吸収し発熱します。この特性を利用し、銀ナノ粒子に結晶成長を阻害するキャッピング剤を選択的に吸着させることで、細長いワイヤーを効率的に生産することに成功しました。

また、銀ナノワイヤーインクは印刷後、光焼成技術(Photonic Curing TM)**により導電性を発現させますが、昭和電工では今回、基板への密着度を高め、焼成時の基板へのダメージを最小限に抑えるアンダーコート剤も開発しております。一般的に熱に弱いとされる銀ナノワイヤーの劣化を防ぐオーバーコート剤も開発中で、本インクおよび周辺部材は、昭和電工が7月よりサンプル提供を開始する予定です***。

なお、6月3-5日に東京ビッグサイトで開催される「JPCA Show 2015」にて、昭和電工のブースにおいて本インクおよび周辺部材を用いて試作したタッチセンサおよび7インチサイズのタッチパネルを展示いたします。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
リンク

* 2012年10月1日付昭和電工リリース「電子回路形成用導電性インクを開発」
** 2011年4月11日付昭和電工リリース「導電性インクの製造・販売および開発について米社と提携」
*** 本製品は開発中であり、記載の仕様および時期は、変更する場合があります。

ご参考:

昭和電工株式会社( リンク
本社所在地: 東京都港区
設立: 1939年6月
代表取締役社長: 市川 秀夫
資本金: 140,564百万円
従業員数: 10,577名(連結2014年12月31日現在)
事業内容: 石油化学、化学品、エレクトロニクス、無機、アルミニウム等の製品の研究開発・製造・販売

マイクロ波化学株式会社( リンク
国立大学法人大阪大学発のベンチャーとして設立。電子レンジにも使用されているマイクロ波技術を用いて、化学製品の製造プロセスを変革することで、世界中の工場の省エネルギー化を目指している。「世界のものづくりを変える」を基本概念として、企業、研究機関、政府等、ものづくりに関わる組織との共同プロジェクトを多数立ち上げ、実用化、産業化を進めている。

本社所在地: 大阪府吹田市
設立: 2007年8月
代表取締役社長: 吉野 巌
資本金: 2,038百万円(資本準備金1,012百万円含む)
従業員数: 39名(2014年5月末現在)
事業内容:
化学・エネルギー産業における、マイクロ波技術を用いた製造方法の提供
マイクロ波による化学製造プロセスの研究開発及びエンジニアリング
同プロセスを用いた製品の製造、販売、共同・ライセンス事業

概要:昭和電工株式会社

詳細は www.sdk.co.jp をご覧ください。

お問い合わせ先
昭和電工株式会社
広報室
03-5470-3235

マイクロ波化学株式会社
管理部(担当:大西)
06-6170-7595

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。