logo

OKI、空中音響技術を利用した「ドローン探知システム」を販売開始

JCN 2015年05月28日 11時15分
From JCN Newswire


TOKYO, May 28, 2015 - ( JCN Newswire ) - OKIは、このたび空中音響技術※1を利用して飛来するドローン※2を探知する「ドローン探知システム」を開発し、2015年6月1日より販売開始します。本システムは、ドローンの飛行音を分析し、接近を探知するとともに、飛来する方位・仰角、および距離を測定して通知することができます。空中音響技術を利用するため昼夜問わず探知できるほか、オプションでカメラを組み込むことで映像と合わせてより確実な確認が行えます。

近年、ドローンの普及が広がる一方で、重要施設、大規模集客施設の安全やプライバシー侵害など、ドローンの事故や悪用の脅威に対する社会的懸念が増加しています。これらの脅威の増加にともない、ドローンの探知に関する関心が急速に高まっています。

OKIは、ドローンが飛行音を隠匿することができない点に着目し、従来から培ってきた空中音響技術をベースに、ドローンの飛行音を複数のマイクロフォンで収集して音源位置分析を行い、飛来方位・仰角、および距離の通知が可能な「ドローン探知システム」を開発しました。本システムは、音響センサー部と操作表示部で構成されます。なお、探知範囲は音響センサーの設置数と配置場所により広げることができます。また、ネットワークを使った遠隔監視も可能で、お客様のご希望に応じて柔軟にシステム設計いたします。

「ドローン探知システム」は、空中音響技術を利用しているため、夜間においても飛来するドローンの早期発見を可能とします。また、オプションでカメラを組み込むことにより、監視者は映像による確認も行えるほか、映像の録画も可能です。これにより、侵入履歴の記録を残すなど、監視用途を広げた運用を行うことができます。さらに、ご要望に応じてドローンの機種を識別することが可能です。

OKIは、「ドローン探知システム」で、施設管理者、警備会社向けにお客様からの多様なニーズに柔軟に対応したシステムの提供を積極的に行っていきます。

【販売計画】

標準価格: 3,000,000円(税別)~
※最小構成: 音響センサー部1式、操作表示部1式、工事費別途

【システム性能】

項目: 仕様
探知距離: 半径最大150m
探知範囲: 水平: 360度、仰角: ±90度
方位精度: ±10度
※音響センサー設置条件、周囲環境による

【用語解説】
※1: 空中音響技術
空中を伝わる音響信号に関わる、受信、信号処理、情報処理、表示処理などの全般技術。
※2: ドローン
無人飛行機。遠隔制御や自動飛行が可能。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
リンク

概要:沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク

本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部 山本 
電話: 03-3501-3835
e-mail: press@oki.com

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
社会システム事業本部 次世代社会インフラ事業推進室
電話: 03-5445-6318

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。