logo

ライカマイクロシステムズが、第48回日本発生生物学会にてランチョンセミナーを開催!

ライカ マイクロシステムズ株式会社 2015年05月28日 09時32分
From Digital PR Platform


ライカ マイクロシステムズ株式会社(社長:上野 隆、東京都新宿区)は、2015年6月3日(水)に開催される、
第48回日本発生生物学会にてランチョンセミナーを開催いたします。
電子顕微鏡試料作製のための、高圧凍結から凍結切削/凍結割断、電子顕微鏡での観察までのワークフローに関する新製品、
共焦点レーザー顕微鏡用ライトシートモジュール ライカTCS SP8 DLSのご紹介を中心に、
最先端のライトシート顕微鏡イメージングについてご紹介致します。

【内容】 
「共焦点顕微鏡用ライトシートモジュール、ライカDLS for TCS SP8」

講演者: 野中茂紀 先生 
自然科学研究機構 基礎生物学研究所
       イメージングサイエンス研究領域 時空間制御研究室

講演者:伊集院 敏
ライカマイクロシステムズ株式会社
      ライフサイエンス事業本部


ライカマイクロシステムズがライトシートイメージングモジュールDLS for TCS SP8を発表しました。
DLSモジュールは、共焦点レーザー顕微鏡によるライトシート顕微鏡を実現し、
従来のライトシート顕微鏡による低侵襲なイメージングに加え、高速でのタイムラプス
イメージングや共焦点レーザーと組み合わせることで初めて実現するアプリケーションなどが可能となりました。
更に、ガラスボトムディッシュを使用でき、簡単に試料調整ができるようにもなっております。
本講演では、ライカDLSを実際に使用しての感触などをはじめ、
最先端のライトシート顕微鏡イメージングについてご紹介いたします。

リンク

【開催日時】
2015年 6月3日(水) 12:30-13:15

【開催場所】
つくば国際会議場 RoomC
〒305-0032 茨城県つくば市竹園2-20-3

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。