logo

エリートアスリートがやっている時差ぼけ退治法-HumanChargerで2倍速く回復

Valkee Ltd. 2015年05月27日 16時15分
From 共同通信PRワイヤー

エリートアスリートがやっている時差ぼけ退治法-HumanChargerで2倍速く回復

AsiaNet 60635 (0698)

【ヘルシンキ(フィンランド)2015年5月27日PRN=共同通信JBN】
世界の旅行者はだれでも時差ぼけがどんな感じなのか知っている。それは生産性を下げる。時差ぼけは昼間の会議で集中を保つのが難しいときに眠くなることであり、ホテルの部屋でとんでもない時間に目が覚めて元気を回復できないことである。時差ぼけは1週間後に戻ってきて友人や家族のよい仲間、パートナーになれなかったり仕事がうまくできなかったりすることである。

革命的な新しい旅行仲間のHumanCharger (リンク )は旅行者が新しい時間帯に-2倍速く-軟着陸するのを助けることによって時差ぼけをなくす。

同分野の専門家が審査する月刊医学ジャーナル「航空宇宙医学と人間のパフォーマンス」(リンク )で2015年4月に発表された偽薬対比大西洋横断臨床試験で、旅行者のテストグループは対比グループに比べ2倍速く大西洋横断の時差ぼけから回復した。HumanChargerは紫外線のない青色を加えた明るい光線の正確に計時された12分のビームを2つの目立たないイヤホンを通じて頭蓋に具合よく伝えることによって、通常の時間のわずか半分で時差ぼけを撃退するのを助ける。

HumanChargerは英国のあるプレミアリーグのサッカーチームが2年間使ってきた。チームドクターは「 HumanChargerは選手とサポートスタッフが長距離移動で生じた時間帯の変化に急速に適応するのを助ける点で大変役に立つことを証明した。睡眠の時間と質の改善、サーカディアン・リズムの回復強化、薬物使用の減少が見られた。このような旅の後の期間ではすべての要因が選手とワークパフォーマンスを助けているようだ」と振り返っている。

時差ぼけ対策にHumanChargerを使って同じような経験をしているエリートアスリートにはNBAのバスケットボールチーム、フリースタイル・スキーのナショナルチーム、KHLアイスホッケーリーグのチーム、上位ランキングのプロテニス協会(ATP)テニスプレーヤーが含まれている。

HumanChargerを製造しているValkee社は飛行中、飛行後の乗客の健康と福利を特に重視しているフィンランド航空と緊密に協力していることを光栄に感じている。フィンランド航空は同社と提携してこの製品コンセプトをすでに2012年にヘルシンキ・上海路線のビジネスクラスの乗客でテストしている。またフィンランド航空は免税カタログにこのヘッドセットを載せた世界で初めての航空会社であり、これに続いてその後シンガポール航空、KLM、リベリア航空が飛行中の免税品リストに載せた。

フィンランド航空のヤルッコ・コンティネン副社長(製品・マーケティング担当)は「旅行者やわが社の顧客が役に立つと思うかもしれない革新的な技術については、特にそれが乗客の福利を向上させそうな場合はそのテスト、サポートに好奇心を持ち、偏見を持たないようにしてきた」と語っている。

スマートフォン向けのHumanChargerコンパニオンアップ(リンク )は旅行者のこのヘッドセット利用の最適化を助けるためにつくられた。この時差ぼけアプリは人気のあるTripit旅行アップと接続するか、または単独で使うことができる。このアプリはすべてのiPhone、Android、Windows Phoneの使用者が利用できる。

臨床研究の結果に基づいてHumanChargerは最近、規制、技術、臨床の判定能力が世界的に尊敬され、質、安全性と同義語だとみなされているTUV-SUD(本部ドイツ)から、時差ぼけ症状の回復を加速するとしてEU医療機器クラス2(a)の認証を受けた。

アキ・バックマン最高経営責任者(CEO)は「わが社の目標はすべてのひとびとが旅行中でも最高の状態にあり、必要なら最も生産的であることを助けることである。それは今ではこれまでより容易である。現場の臨床結果は、すでに前向きのユーザー・フィードバックとコンセプトテストで見た効果を確認している」とコメントしている。

HumanChargerは多くの市場でアマゾン、フィンランド航空、米国ではHammacher Schlemmer、米州、欧州、日本では数十社の小売店からオンラインで入手できる。

詳しい情報:

リンク

Photo gallery: リンク

HumanCharger時差ぼけ退治アプリは以下のショートカットを通じて数日中に入手可能になる。

リンク

ソース:Valkee Ltd.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。