logo

公益財団法人 日本障がい者スポーツ協会 創立50周年記念式典を開催

公益財団法人日本障がい者スポーツ協会 日本パラリンピック委員会 2015年05月26日 21時05分
From 共同通信PRワイヤー

2015年5月26日

公益財団法人日本障がい者スポーツ協会

公益財団法人 日本障がい者スポーツ協会
創立50周年記念式典を開催
~新たにコミュニケーションマークを発表~

公益財団法人日本障がい者スポーツ協会は、創立50周年を迎えたことを記念し、5月26日(火)に創立50周年記念式典を開催しました。
記念式典では、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長の森喜朗様、および文部科学省事務次官山中伸一様、東京都副知事の秋山俊行様からご祝辞をいただくとともに、日本障がい者スポーツ協会のコミュニケーションマークの発表を行いました。
このコミュニケーションマークは今後、協会や協会スポンサー様が発信していくメッセージに活用する予定です。

【開催概要】

日    時:平成27年5月26日(火) 15:00~16:15
場    所:ベルサール東京日本橋(東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー)
登 壇 者: 
- 一般財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 会長 森 喜朗 様
- 文部科学省 事務次官 山中 伸一 様
- 東京都 副知事 秋山 俊行 様
- 公益財団法人 日本障がい者スポーツ協会 会長 鳥原 光憲
- 公益財団法人 日本障がい者スポーツ協会 前会長 北郷 勲夫 様
- 公益財団法人 日本障がい者スポーツ協会 元常務理事 井手 精一郎 様
- 木村 敬一さん(水泳競技)
- 高桑 早生さん(陸上競技)
- 村岡 桃佳さん(アルペンスキー競技)


公益財団法人 日本障がい者スポーツ協会コミュニケーションマークについて
■制作目的について
創立50周年という節目に、『できないこと』を数えてあきらめるのではなく、『どうやったらできるか?』の視点で創意工夫し、不可能を可能にするという障がい者スポーツの魅力と躍動感を表現し、多くの方に伝えたいと考え、新たにコミュニケーションマークを制作しました。
日本における障がい者スポーツの裾野が拡がり、その社会的な意義が広く認知され、真のバリアフリーの実現に貢献したいという想いを形にしました。
■デザインについて
火の鳥の羽をモチーフとしており、マークの赤は、未来へ飛躍するアスリートたちの心の中にある、燃える炎をイメージしております。
■既存のシンボルマークとの関係について
協会創立の黎明期に生まれたシンボルマークは、これからも当協会のシンボルとして残していきます。
■コミュニケーションマークの活用について
今後は協会や協会スポンサー様が発信していくメッセージに、このコミュニケーションマークを活用する予定です。特に協会スポンサー様には応援文言などと一緒にスポンサーロゴと一緒にコンポジットとして使用頂きたいと考えております。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。