logo

ビートコミュニケーション、海外支店やグループ会社、代理店とのコラボレーションを推進する「グローバルユーザー招待機能」をリリース~世界進出する日系企業をバックアップし、グローバルマネジメントを支援する~

■「グローバルユーザー招待機能」の提供背景

国内の少子化が深刻化する中で、日本の人口は2045年に1億人を割り込み、2055年には8993万人になると言われています。多くの日本企業は、国内市場におけるビジネス規模の縮小を余儀なくされています。そのため、海外需要を取り込むために海外進出を進めていますが、現地で雇用した社員とのコミュニケーションやそのマネジメントにおいて課題を抱えています。
グローバル化に成功するためには、現地の人材を適切にマネジメントし、日本で蓄積したナレッジを共有する必要があります。そこでビートコミュニケーションでは、外部の企業や個人との情報・ナレッジの共有を容易にする「グローバルユーザー招待機能」を開発しました。

■機能の特徴

本機能を利用することで、企業は現地法人のスタッフや関連会社のメンバーを安全なセキュリティ下で『Beat Shuffle』に招待することができます。招待された人はゲストユーザという形で、招待された特定のコミュニティの中でのみ、社内のユーザと情報共有してプロジェクトを推進することができます。ゲストユーザは、参加しているコミュニティ以外のコンテンツやユーザ情報に対してアクセスできないように制御されており、情報を閲覧できない仕組みになっています。そのため、社内の情報が漏洩するなどのセキュリティ上のリスクを負うことなく、社内インフラに現地法人スタッフや関連会社のメンバーを招待できます。

■活用シーン



1)グローバル企業でのコミュニケーション

海外展開するPCメーカーA社は、少子化による今後の日本市場の縮小に備えて、売上を増やすためにグローバル化を進め、中国とマレーシアに子会社を作りました。それぞれの現地子会社では、100人規模の現地社員と日本から送り込まれた数名の管理者が働いています。しかし、中国とマレーシアの子会社で働く従業員は、日本の本社と十分なコミュニケーションが取ることができません。本社は子会社で、どんな仕事がどのように進んでいるかを把握できずに悩んでいます。また、子会社の社員も本社に蓄積されているノウハウを把握できないため、本社で長年培われたナレッジを活かすができません。本社の担当者が二国間を往復し、情報共有に当たっていますが、地理的や時間的にも限界をあり、グローバル規模での連携がうまくとれていません。そこで「グローバルユーザー招待機能」を使い日本の社員と現地の社員がコミュニケーションできる場を整備し、それぞれのノウハウを共有できるようにしました。
2)専門家やデザイナーとの連携

ベンチャー企業であるB社は不況の中、イノベーションを起こすために新規プロジェクトを立ち上げたいと考えていました。外部の知識を借りたいものの、デザイナーや外部の専門家などを社員として雇用する余裕がなく悩んでいました。そこでB社は、「グローバルユーザー招待機能」を使い、外部の専門家を招待し新しいイノベーションを起こす新製品を開発することができました。
3)財閥のグループ企業間でのコミュニケーション

不動産会社のC社は外部の企業やグループ企業と大きなプロジェクトを進めていく上で課題を抱えていました。全社の担当者が一度に同じ場所に集まるのが難しく、各社との意思疎通を図るために時間ばかりかかってしまい計画の遅延に悩んでいました。そこで「グローバルユーザー招待機能」を使い、建設会社や塗装会社、デザイナー事務所などプロジェクトに関係する各担当者をひとつのコミュニティに集めることで、コストを押さえながらプロジェクトをスピーディーに進めることに成功しました。

ビートコミュニケーション代表取締役社長である村井亮は「グローバルユーザー招待機能」を開発した経緯や目標について次のように語っています。「多くの日本企業は今、海外に進出するのか、イノベーションを起こすのか、ビジネス規模を縮小するのか、といった様々な選択肢から意思決定を迫られています。実際には海外展開する企業が増えてきていますが、いざ蓋を開けてみると、異文化を持つ従業員とのコミュニケーションや本部からのノウハウ共有に失敗している企業が多いのが実情です。1年ほど前から、そういった課題を解決するシステムの開発に取り組みました。今後の目標として5年以内に5000社の導入を目標に、日系企業のグローバル化を支援していきたいです」

■ビートコミュニケーション会社概要
商号:株式会社Beat Communication
代表取締役社長:村井 亮
資本金:34,000,000円
所在地:東京都渋谷区東2-23-12 プレミアムユーゾーンビル 5F
事業:ソーシャルネットワークサービスの構築、販売、ソーシャルメディア全般のコンサルティング・企画・開発・運営

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社ビートコミュニケーション
担当者名:小石
TEL:03-5778-0387
Email:pr@beat.co.jp



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。