logo

ZW3D 2015リリース:パートナーアプリケーションでのCAD/CAM分野拡張

JCN 2015年05月25日 11時00分
From JCN Newswire


Guangzhou, China, May 25, 2015 - ( JCN Newswire ) - 製造業における世界的CAD/CAMソリューションサプライヤーであるZW3Dは本日、ZW3D 2015をリリースしました。ZW3D2015バーションは設計と製造プロセスの体験も大きく改善され、多様なパートナーアプリケーションを搭載し、ニッチマーケット領域にも広げることができます。

ユーザーのニーズに応じて開発し、数百以上の強化されたCAD/CAM機能を特徴としてのZW3D2015は、製品の品質を高めながら、リードタイムの短縮、コストの削減も可能です。データトランスレーションのアップグレード、機能強化された形状修復機能、アイソメ断面図作成機能、加工指示書として利用できるCAMオペレーションリスト、5軸ミリングのSTLのフォーマットに対応しました。様々な機能改善・強化によりの導入から立ち上げまでの時間を縮めることができます。

「私たちは、ユーザーの経験を考慮し、効率を高めるために最善を尽くしています。このバーションで便利なアプリケーションを多く搭載したとともに、基本的なCAD/CAMモジュール機能も強化されました。設計者たちをがっかりさせません。」と、ZW3Dの海外業務バイスディレクターColin Linは述べています。

ZW3D2015のパートナーアプリケーションはレンダリング、シートメタル、FEAやCNCマシニングなど、様々な領域まで含まれています。

KeyShot for ZW3D とはZW3Dのプラグインアプリケーションの1つです。ワンクリックで、製品設計のワークフローを統合し、レンダリング処理を簡単行えます。

FastBlank機能はZW3Dのインターフェースに内蔵されます。ユーザーは複雑な製品の展開形状またはフランジ展開図を素早く作成することができます。

SimWise FEA for ZW3Dはメカニカル部品に対して線形応力分析機能を使えます。設計者は、製品のシミュレーション、分析、設計パーフォマースの最適化するため、製品品質の改善と共にコスト削減も同時的に実現できます。

Eureka for ZW3Dは任意の工作機械のポストプロセッシングにより変換したGコードで実際の工作機械が動くような3D-シミュレーションを行うことができます。プログラミングエラーにより、高価なワークピース、工具、冶具などの工作機械を破損するリスクを下げることができます。

多言語バージョン&その他

ZW3D2015は、日本語、英語、スペイン語、ドイツ語などの12言語のバージョンを提供しています。

ZW3Dに関しての詳細は、 ここ(リンク )をクリックしてください、またはZWSOFTの Facebook(リンク)をご覧ください。

ZW3D CAD/CAM について

ZW3Dは、ソリッド&サーフェスのハイブリッド・モデリング、ノンソリッドのキャビティ・コアの分割、スマートな2軸~5軸加工を特徴として、製品開発全プロセスのために設計されたCAD/CAM統合ソリューションです。ZW3Dを利用することにより、コストの削減、設計ワークフローの最適化、効率の向上など数え切れないメリットを得られます。

お問い合わせ
ZWSOFT
温(オン) 文(ブン)瑜(ユ)
Eメール: zw3djapan@zwcad.com
電話: +86-20-38289780-412(日本語可)
URL: www.zwsoft.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。