logo

シーメンス補聴器binaxシリーズ耳あな型、耳かけ型、普及価格帯も2015年5月26(火)発売開始

シバントス株式会社 2015年05月25日 10時00分
From 共同通信PRワイヤー

5月25日

シバントス株式会社

脳の聴覚メカニズムの研究から生まれたシーメンス補聴器binaxシリーズ
耳あな型、耳かけ型、普及価格帯も2015年5月26(火)発売開始

シバントス株式会社(通称:シーメンス補聴器 本社:神奈川県相模原市、代表取締役社長:ベルント・ウェーバー)は、脳の聴覚メカニズムの研究を重ねて誕生した最新補聴器、「binax(バイナックス)シリーズ」の耳あな型、耳かけ型、先行発売していたRIC型の普及価格帯製品を5月26日より全国のシーメンス補聴器取り扱い専門店、眼鏡店、百貨店などで発売します。

「binaxシリーズ」は、両耳通信システムによって実現したバーチャルマイクで膨大な音情報を処理し聴き取りを最大化する補聴テクノロジーです。これまでの補聴器では、音を増幅する際に雑音までも拾いすぎてしまうことがしばしば問題となっておりましたが、指向性をよりパワーアップすることでこれを大きく軽減し、より聞き手に必要な音にフォーカスしながら、自然な聞こえを実現しています。

2014年11月にRIC型の「Ace binax」「Carat binax」「Pure binax」(7bx、5bxのみ)が先行発売され、市場で高評価を得ていますが、この度、耳あな型 (Insio binax 7bx、5bx、3bx)と、耳かけ型(Motion binax 7bx、5bx、3bx)、RIC型の普及価格帯製品(Ace binax、Carat binax、Pure binax各々の3bx)が追加発売されます。

また、アンドロイド、iPhoneどちらでも使用できるリモコンもeasyTek boost(イージーテックブースト)として生まれ変わり、耳あな型のInsio binaxと一緒にご使用いただけるようになりました。また、テレビの音を補聴器でお聞きになりたい方に必須のボイスリンクを予めセットした、イージーテックブーストテレビパックも発売いたします。

フルラインナップの製品が揃ったことで、様々なニーズ、聴力の状況に応じて、より多くのみなさまにbinaxシリーズの聞こえをお届けできるようになりました。4人に1人が65歳以上の超高齢社会を迎える今、「binaxシリーズ」は高齢者のより豊かな生活に貢献する画期的な製品です。


< 新製品概要共通>
発売日 : 2015 年5 月26 日(火)
取扱店 : 全国の補聴器専門店、眼鏡店、百貨店などシーメンス補聴器取り扱い専門店

< binaxシリーズ概要>
シーメンスは2004年に業界初のe2e技術を使用し、ボリューム、プログラム設定を同期した、補聴器を発売しました。このe2eワイヤレスをさらに進化させた「binaxプラットフォーム」技術では、両耳の補聴器間で音声信号の通信が可能となり、最大4つのマイク(各補聴器につき2個。両耳装用の場合×2)で仮想8つのマイクと同じと同じレベルの膨大な信号処理を実現しました。その結果、これまでの補聴器の最大の課題(聞き取るために音量を上げると、聴きたくない音まで耳に入ってきて疲れる)を解決すべく、「聞きとり」と「聞き心地」の両立を高いレベルで実現。また飛躍的に向上した処理能力(従来品の120%以上)により、一人ひとりのニーズや好みに合わせた細かな音の調整が可能になりました。これらの新技術は2か所の独立した研究機関による臨床試験によって検証され、多くの人が話す補聴器にとって困難な環境下で「必要な音声の聞き取りが、健聴者に勝るとも劣らない」ことが実証(*)されました。(*詳細別紙資料参照のこと)

「binaxプラットフォーム」の特徴
(1)ビーム指向性
雑音や複数の人が話している環境で両耳にbinaxを装用すると、自動的に前方の人の声によりピンポイントでフォーカスし、他の音を抑制します。この技術をビーム指向性と言い、補聴器ユーザーの聞き取りが各段に向上しました。
(2)スピーチフォーカス360°(7bxのみ)
前方だけではなく、左右や後ろなど、例えば運転中に相手の方を向くことが困難な場合に、補聴器が自動的に人の声の来る方向にフォーカスします。
(3)両耳eウィンドスクリーン (7bxのみ)
これまでの補聴器ではマイクに風が触れると、不快な風切音が発生していました。新しいbinaxプラットフォームでは、風音レベルの低い側の補聴器の音を風音レベルの大きい補聴器に送ることで不快な音を軽減します。この音声信号の通信によって、風のノイズを効果的に抑えることができます。
(4)binaxフィット
binaxプラットフォームではユーザーの置かれた状況を数秒で感知し、最適な音声処理を素早く行うことで一人ひとりの好みに合わせた音を実現しています。飛躍的に向上した処理能力により、ニーズや好みに合うきめ細かな調整を可能にしました。

この4つの特徴を持つ「binaxプラットフォーム」を搭載した耳あな型 (Insio binax 7bx、5bx、3bx)と、耳かけ型(Motion binax 7bx、5bx、3bx)、RIC型の普及価格帯製品(Ace binax、Carat binax、Pure binax各々の3bx)が追加発売されます。

・Insio binax インシオ バイナックス
最新テクノロジーbinaxを搭載した耳あな型補聴器です。目立たない補聴器をお求めの方、メガネと併用したい方などにお薦めです。お客様の耳型をとってお一つお一つ、オーダーメイドでお作りします。片耳\240,000~

・Motion binax モーション バイナックス
 最新テクノロジーbinaxを搭載した耳かけ型補聴器です。本体のボタンでボリューム調節ができます。重度難聴にも対応するパワータイプもございます。片耳\240,000~

・Pure、Carat、Ace binax ピュア、カラット、エース バイナックス (3bx)
「サイズにこだわりぬいたシーメンス最小ミニRIC補聴器」エース、「デザイン性も兼ね備える、シーメンス史上最高クラスのミニRIC補聴器」ピュア、「目立たない電池長持ちRIC補聴器」カラットの3種のRCタイプ補聴器に普及価格帯の製品が追加発売されました。

Pure 3bx+  片耳価格240,000  両耳価格432,000
CaratA 3bx  片耳価格240,000  両耳価格432,000
Ace 3bx    片耳価格240,000  両耳価格432,000

<ワイヤレスアクセサリー>
・easyTek boost イージーテックブースト
 イージーテックブーストはシーメンスのストリーミングとリモートコントロールの最新システムです。電話、音楽プレーヤーなど、多くのBluetooth対応デバイスに接続することができます。この度、耳あな型の最新補聴器でも使用できるようにリニューアルしました。¥41,040(税込)

・easyTek boost TV pack イージーテックブーストテレビパック
 easyTek(イージーテック)はテレビやホームステレオシステムなどの非Bluetoothデバイスにも、必要に応じて別売のアダプタ(VoiceLink ボイスリンク)を使用することで接続することができます。こちらのボイスリンクを予めセットしたTV視聴用のパックです。¥54,000(税込)




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。