logo

ESRIジャパン、地図を活用し戦略的意思決定を支援するGIS統合プラットフォームの最新バージョン「ArcGIS 10.3」を5月22日にリリース

ESRIジャパン株式会社は、あらゆる業務に地図を融合しビジネスでの戦略的意思決定に役立つGIS統合プラットフォームの最新バージョン「ArcGIS 10.3」を5月22日にリリースしました。

地理情報システム(GIS)ソフトウェア国内最大手*1のESRIジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:正木千陽)は、あらゆる業務に地図を融合することで戦略的意思決定をサポートする統合プラットフォーム「ArcGIS」(アークジーアイエス)の最新バージョン「ArcGIS 10.3」を5月22日リリースしました。

▼ArcGIS 10.3 新機能
リンク


■高生産性を実現した最新デスクトップGISアプリケーションの登場
デスクトップGIS製品「ArcGIS for Desktop」には最新アプリケーション「ArcGIS Pro」が付属しています。ArcGIS Proは、3D対応、高パフォーマンス(64ビット、マルチスレッド対応)、すぐれた操作性などの特長を有し、地理空間情報の可視化、分析、コンテンツ作成において高い生産性を実現しています。また、作成した地図コンテンツは簡単にクラウド上で共有することができます。このことであらゆるビジネスにおいて迅速かつ合理的な意思決定が可能になります。

■位置情報の活用を加速する組織内GISプラットフォームを提供
組織で保有する位置情報を集約し、あらゆるユーザーと共有することを実現するサーバーGIS製品「Portal for ArcGIS」*2をリリースしました。Portal for ArcGISで構築したポータル サイトにデスクトップ、Web ブラウザー、スマートフォンおよびタブレットからアクセスすることで、GISの経験のないユーザーでもマップの検索・利用・作成・共有を行うことができ、組織内における位置情報の活用を加速させることができます。

■リアルタイムデータをGISで可視化するサーバー製品の登場
GPSの位置情報や各種センサー情報など、時々刻々と取得できるリアルタイムストリーミング データを取り込むことが可能なサーバーGIS製品「ArcGIS GeoEvent Extension for Server」*2をリリースしました。本製品を導入すると、最新状態のモニタリング、地図やデータのリアルタイム更新、またはメールを利用した通知の即時送信など、これまでになかったリアルタイムGIS機能が利用できます。

*1 矢野経済研究所 調べ
*2 Portal for ArcGISおよびArcGIS GeoEvent Extension for Serverは、サーバーGIS製品「ArcGIS for Server」のエクステンション製品です。

【Esri社について】
Esri社(本社:米国カリフォルニア州レッドランズ市)は、1969年以来、地理的な視点で考え、計画する力を世界中のユーザーに提供しています。GISマーケットのリーダーとして、Esri社製GISソフトウェアは、米国内の主要200都市をはじめ、各国の政府機関、世界の一流企業350社以上、7,000校を超える大学など、世界30万以上の企業・団体で利用されています。Esri社のアプリケーションは、100万台以上のデスクトップと数千にもおよぶウェブサイト、統合型サーバーで稼働し、世界のマッピングと空間分析のバックボーンを担っています。Esri社は、デスクトップ、モバイル、インターネットプラットフォーム向けの総合的なソリューションを提供するベンダー企業です。(Esri社 リンク )

【ESRIジャパン株式会社について】
本社所在地:東京都千代田区平河町2-7-1 塩崎ビル
設立:2002年4月
代表者:代表取締役社長 正木 千陽
資本金:5,000万円
URL: リンク
事業内容:GISソフトウェアの販売、及び関連サービス(保守、トレーニング、コンサルティングサービス)の提供


【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:ESRIジャパン株式会社
TEL:03-3222-3941
Email:gisinfo@esrij.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。