logo

関数仕様編 その11 (匿名関数と無名関数 その1)

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「関数仕様編 その11 (匿名関数と無名関数 その1)」を公開しました。

###

心機一転、匿名関数と無名関数、及びその違いについて、数回にわたってお話を進めて行ければ、と思います。

まずは、昔からある匿名関数…と、その前提といってもよい、evalという関数についてお話をしていきます。
evalは、Perl、JavaScript、ActionScriptなどの言語にも入っているので、
見たことがある方にとってはおなじみの関数かもしれません。
evalという関数を簡単に説明すると「文字列を PHP コードとして評価する」関数です。
まずは、極めて簡単なサンプルで動作を確認してみましょう。

$a = ‘test';
$b = ‘echo $a . “\n”;';
//
eval($b);

まさに書いてあるとおり「文字列を、PHPコードとして評価する」関数ですね。
どんな時に使うか、なのですが。
例えば「ちょっとした処理をDBの中に文字列として持っておいて、状況に応じて切り替える」とか
「引数や状況によってプログラム文字列を動的に組み立てる」とか…色々過去にも考えてみた事はあるのですが。
まぁ端的に申し上げますと「まずもって使う事はありません(ドきっぱり)」。

PHPのマニュアルにも書いてありますが

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。