logo

30歳を超えたらオリジナルの職務経歴書は持っておきたいです

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「30歳を超えたらオリジナルの職務経歴書は持っておきたいです」を公開しました。

###

改めまして。吉政創成株式会社の吉政忠志と申します。吉政創成はマーケティングのアウトソーシングの会社ですが、ヒューマンリソシア社で推進していただいているRails技術者認定試験やPHP技術者認定試験の事務局を弊社が受けていることもあり、そのご縁でこのコラムを連載しています。第一回は『面接時の勝負。他の方が一般的にやらない王道』 、第二回は「面接を終えた後のお手紙」 、第三回は「美しい退職方法 ~転職後も結局、必ず再会します~」 、第四回は「越えなければいけない感覚の壁 ~平社員から課長へ、課長から部長、さらに役員へのステップアップ~」 というタイトルで書きましたが、いかがでしたでしょうか?

今回は「30歳を超えたらオリジナルの職務経歴書は持っておきたいです」というタイトルで面接時に用意する書類の話をします。

職務経歴書は履歴書とは違うのですか?

そんな質問を頂きそうな気もしますが、この二つの書類は記載する内容が違います。履歴書はまさに履歴を記載するものであり、学歴や職歴などの自分の所属経歴と技能や資格を書く書類です。これは全ての採用面接で必須になっている書類です。一方で職務経歴書は職歴に加えて役職と作業内容と実績を書いた書類です。一般的に任意提出が多いです。転職や派遣の面接の際にポジションが高くなったり、難易度が高い職務、または競争倍率が高い職務には効果的です。もちろんそうでない面接でも用意すると差をつけやすいです。それ故に、私がサラリーマンの時は必ず求められてなくても必ず提出していました。30歳を超えて、そろそろ勝負をかけたい!という方には必須だと思います。

簡単に例を書くと以下のようになります。

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。