logo

ヘルマン・ファン・ロンパイ:「課題が在るところに、成果あるはずです。」

アセンブリー・スピーカー事務局 2015年05月21日 17時22分
From 共同通信PRワイヤー

ヘルマン・ファン・ロンパイ:「課題が在るところに、成果あるはずです。」

AsiaNet 60581

ヘルマン・ファン・ロンパイ:「課題が在るところに、成果あるはずです。」

ブリュッセル、2015年5月21日/ PRNewswire /  ---

ヘルマン・ファン・ロンパイは、2014年11月まで、欧州理事会常任議長でありました。ヨーロッパ理事会の初代常任議長は、いままでの5年間の激動の年を熟慮して、ヨーロッパの将来についてよく検討しました。「私は仕事を始めたとき、直面する大いなる課題が何であるかを知りませんでした。」

「基本的に、私の仕事の方策は、国、州、さらには企業のリーダーのそれと殆ど変わりはありませんでした。私は、国民の信頼を得て、また創造的な解決策を得るために、耳を傾ける必要がありました。」これらのことは、EUの首脳からなる欧州委員会(EC)の前(元)会長(2009年から2014年まで)であるヘルマン・ファン・ロンパイの言葉です。「それ以上の点を除けば、あなたに更なる説明を求められます。利害関係は、多くの場合非常に高くつきます。EUでは、議案の決議は、28の加盟国で全会一致が得られた場合にだけ達成可能であります。したがって、議長としては、すべての加盟国で意見の一致ができるようにする必要があります。」

困難な時代
ファン・ロンパイは、彼は、ユーロ(通貨)国が最悪な局面に直面する可能性があった2つの時期を思い起こしています。「ヨーロッパは、2011年の秋に極端に多忙な状態にありました。ギリシャで政治危機が起こり、そしてヨーロッパで第三の経済大国であるイタリアでの問題がまた激化しました。それは、ギリシャの首相およびイタリア首相ベルルスコーニの辞任に連動しました。その頃は、困難な時期でした。EUは、外部だけでなく、内部からも世界の他の国からも厳しい批判を受けました。この利害関係は、高くついたのです。なぜならば、ユーロ圏が崩壊した場合には、グローバル経済がまた危険にさらされる可能性があるのです。これは、単純に考えても、防止しなければなりませんでした。」

やるべき課題
ファン・ロンパイは、彼のポーランドでの後継者であるドナルド・タスクが発信するような多くの助言を全く持っていません。
「私は、ヨーロッパについての新しいものの多くを、すぐに見いだす人のような能力を持っていません。私の議長としての任期の間、私たちは常に正しいことを行うように心掛けました。私は、後継者が行わなければならないことを行うつもりであり、また責任を持って行うであろうと信頼しています。私たちは、高い失業率、競争力レベルの低下、厳しい財政回復、および緩やかにしか原因から立ち上がることができない消費者の信頼に対処しています。私たちは、成長と雇用を必要としています。そこには一定の成果がなければ成りません、そしてそこに課題があるのです。私たちがそれを達成できなかった場合には、ヨーロッパの政治的安定性は危険にさらされています。」

情報源:アセンブリー・スピーカー事務局


(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。