logo

野菜をさらに楽しめる新商品が勢揃い 色とりどりの野菜を練りこんだチキンパティと特製ベジタブルソースによるフレッシュな味わい「ベジタブルチキンバーガー」「ベジタブルチキンマフィン」

日本マクドナルド株式会社 2015年05月21日 11時52分
From Digital PR Platform


日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:サラ・エル・カサノバ)は、新レギュラーメニュー「ベジタブルチキンバーガー」「ベジタブルチキンマフィン」を、全国のマクドナルド店舗にて、5月25日(月)から販売いたします。また同日より、期間限定のサイドメニューとしてサラダの新商品「サイドサラダ バジルソース」と、サイドサラダ用のドレッシングの新たなチョイスとしてノンオイルドレッシングの「低カロリー玉ねぎ」も、販売開始いたします。

「もっと野菜を使ったメニューが食べたい」、そんなお客様のご要望にお応えする新メニューがこのたび勢揃いいたします。 
「ベジタブルチキンバーガー」は、コーン・にんじん・えだまめといった色とりどりの野菜を練りこみ、香ばしくグリルしたチキンパティ、シャキシャキのレタス、フレッシュなトマトを、こんがり焼いたブランバンズでサンドし、特製ベジタブルソースで仕上げた、さっぱりフレッシュな味わいの新メニューです。「ベジタブルチキンバーガー」は、平日ランチタイム限定のお得なセットメニュー「昼マック」にも450円で登場いたします。
 
また、朝マックの新レギュラーメニューとして「ベジタブルチキンマフィン」が登場するほか、サラダの新商品として、ジャーサラダのスタイルでお楽しみいただく期間限定サイドメニュー「サイドサラダ バジルソース」も販売いたします。
さらに、サイドサラダ用のドレッシングの新たなチョイスとして、ノンオイルドレッシングの「低カロリー玉ねぎ」がレギュラーメニューに加わり、「サイドサラダ」をご購入いただく際、ドレッシングとして、既存の「焙煎ごまドレッシング」と「低カロリー玉ねぎ」の2種類からいずれか1つをお選びいただけるようになりました。
 
そして、5月25日(月)から導入される新たなバリューセットでは、「ベジタブルチキンバーガー」+「サイドサラダ(低カロリー玉ねぎ)」+「爽健美茶」という、セットで計310キロカロリーという組み合わせも、ご提供できるようになりました。

色とりどりの野菜を使った新メニューが加わり、これまで以上にバラエティ豊かになったマクドナルドのメニューラインナップを、多くのお客様にお楽しみいただければと存じます。

マクドナルドではこれからも、「お客様と心でつながるモダン・バーガー・レストラン」をビジョンに、お客様のニーズや時代に合った、魅力的な新メニューのご提供に努めてまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。