logo

関数仕様編 その1

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「関数仕様編 その1」を公開しました。

###

今回は、前の数回よりは若干、ほんの僅かに薄めに軽めに読めるように(大して変わらん気もしますが…)。

関数自体の仕様、の一つである「引数」について、突っ込んでいきたいと思います。
関数には大抵つきものである引数です。複数ある時はカンマ区切りで…ってところまでは初級の範囲なんで省略します。
簡単にコード例だけ、いくつか。



// 引数なし
function hoge() {
}
// 引数が1つ
function hoge($a) {
}
// 引数が5つ
function hoge($a, $b, $c, $d, $e) {
}



ちなみに若干余談ではございますが「3~4つ以上の引数はあんまり好ましくない」と思うのは気のせいでしょうか?
まぁそもそも「クラスにしろよ」ってのもあるのですが、引数が多すぎると「第一引数がこれで…第二引数が……第八引数が…」とかやっていくのが、なんとも面倒に感じますです。
分かりやすく読みやすく書きやすく使いやすく修正しやすく機能追加しやすくてデバッグしやすいコードを書いたり設計したりしていきたいものです。

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。