logo

関数処理関数編 その4(または可変変数編 その1)

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「関数処理関数編 その4(または可変変数編 その1)」を公開しました。

###

可変つながりで、前回の「可変長引数」に続いて今回は「可変関数」について…やろうと思ったのですが、
あわせて「可変変数」もやってしまおうかと思います。似てるので。
で、話の展開上「可変変数 → 可変関数」とつなげていきたいかと思いますので、宜しくお願いいたします。

さて早速ですが、まずはこんなコードを。

$s = ‘test';
var_dump($s);

…もはや結果を見るまでもないほどに自明なソースコードですが、ここから、少し展開をしていきます。

$s = ‘test';
$test = ‘hoge';
var_dump($$s);

一応念のために申し上げておきますと、var_dumpのところの「$$」は、決してtypoではございません。
ちなみにtypoってのは「スペルミス/打ち間違い」という程度の意味合いで
…てっきりネットスラングかと思っておりましたら元は印刷業界からの用語で、
かつ、これは「typographic error」の略語なんだそうでございます。知りませんでした。

閑話休題

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。