logo

関数処理関数編 その1

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「関数処理関数編 その1」を公開しました。

###

さて「関数」でございます。
まずおおざっぱに「関数」の定義を。
…おいちゃんが学び始めた頃などは「サブルーチン」なんて名前がありましたねぇ懐かしい。
大まかには「ひとかたまりの処理が書いてあるモノ」です。
「何を以てひとかたまりとするか」というのは大変に難しく重要な問題ではあるのですが、
その辺の「設計」のレイヤーまでをしっかりと習熟させてこその上級
…ではあるのですが、一方で「何を以てひとかたまりとするか」は大変にケースバイケースなお話でもあるので。
一端、「何を以てひとかたまりとするか」についてはある程度の合意が取れた前提で、その先にある「技術」を、
ここでは書いていきたいと思います。

まずは、比較的導入しやすい、簡単なあたりから。
var_dump( get_defined_functions() );

この関数は「定義済みの全ての関数を配列で返す」関数です。
例えばおいちゃんの手持ちの環境の一つですと、こんな感じになります。

array(2) {
[“internal”]=>
array(1366) {
[0]=>
string(12) “zend_version”
[1]=>
string(13) “func_num_args”
[2]=>
string(12) “func_get_arg”
-中略-
[1364]=>
string(21) “cli_set_process_title”
[1365]=>
string(21) “cli_get_process_title”
}
[“user”]=>
array(0) {
}
}

中略をかかないと、この表示だけで1Page分くらいの原稿になるので…やってみたい誘惑にかられつつ、止めます(笑
使う機会があるかと問われるとなかなかに微妙なのですが、まぁ知っておくと「いざというとき」に便利なので、
頭の片隅に軽く入れておくとよいでしょう。

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。