logo

Standard PHP Library(SPL) SplFileObjectクラス編 その2

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「Standard PHP Library(SPL) SplFileObjectクラス編 その2」を公開しました。

###

前回に引き続きSplFileObjectクラスです。
前回は「こーゆーモンだよ」を、ファイル関数と対比するような感じで見ていただきましたが、
今回は「ファイル関数とは対比がしにくいもの」を見ていきたいと思います。

まずは、これ。

$file_obj = new SplFileObject(ファイル名);
$awk = [];
//$awk = array(); // 古いバージョンのPHPの場合はこちらで
foreach($file_obj as $line) {
$awk[] = $line;
}
var_dump($awk);

foreachによるぶん回し、ですね。
SplFileObject はIterator インタフェースを継承しているために、foreachが使えるようになります。
foreachがどんどんどんどん汎用的になっていきますが、知っていれば結構便利ですね。
iterator(イテレータ)について失念をしてしまった方は、コラム10 イテレータ編あたりからを一度読み返していただくとよいかもしれません。

keyメソッドというのがありまして、SplFileObjectクラスのkeyメソッドは「現在の行番号を取得」できます。
ちょっとコードを見てみましょう。

$file_obj = new SplFileObject(ファイル名);
$awk = [];
//$awk = array(); // 古いバージョンのPHPの場合はこちらで
foreach($file_obj as $line) {
$awk[] = ‘line ‘ . $file_obj->key() . ‘: ‘ . $line;
}
var_dump($awk);

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。