logo

高島屋日本酒祭

株式会社高島屋 2015年05月19日 18時04分
From Digital PR Platform


150蔵730種類が一堂に 約500種類無料試飲
35m、100人(ダークダックス立ち)バーカウンター設置
初開催 高島屋 日本酒祭
■2015年5月20日(水)~25日(月)
■高島屋大阪店7階 催会場
 
最近、日本酒に注目が集まっています。数々の雑誌で日本酒特集が組まれ、日本酒に特化したイベントも多数開催され、海外でもSAKEブームが起きるなど、日本酒を取り巻く環境に変化が見られます。
 
国内の日本酒需要は、長い間低迷していましたが、東日本大震災以降、微増に転じています。東北の日本酒支援がきっかけとなり、日本酒ファンが拡がったことも一因です。また、蔵元の世代交代が進み、20代~40代の若い当主に代替わりした蔵も目立ちます。「イケメン杜氏」と言われる若い蔵元が、個性を生かした新たな酒造りを始めています。

そこで、高島屋は、全国の日本酒蔵を応援する意味も込めて、百貨店では珍しい日本酒に特化した大型物産展を初開催いたします。イートイン、ライブイベントなどを交えて物販にとどまらない、大人が楽しめる催を目指しています。
                   
催内容
<日本酒 物販>
北海道から沖縄県まで全国47都道府県から約120蔵、約700種類を集めました。うち、50蔵は約500種類の無料試飲をご用意し、蔵人がお客様と直接対話をしながらの販売もありす。
<日本酒BAR・居酒屋>
会場で、日本酒や肴を楽しめるように、全長約35m、約100人が立ち飲み可能なバーカウンターを設けました。通常取り扱いの難しい稀少蔵の日本酒約50種類や日本酒カクテルを、居酒屋「ニュー日本酒うさぎ」の協力のもと、1杯324円からご用意いたします。
ミナミで人気の「割烹 艮」のコーナーでは、ゆっくり座って日本酒と肴を味わえます。                                                     
<酒の肴 販売>                                           
蔵元がオススメする肴約200種類を販売します。こちらは、会場のフードコートやBARカウ   
ンターでお酒と一緒に楽しむこともできます。                              
<イベント>
杜氏、酒販店、フードコラムニスト、料理研究家など多彩な顔ぶれで、期間中計30本のイベントを開催します。
5/23(土)・24(日)は、ミュージシャンによるライブイベントもある「愛酒でいと in OSAKA TAKASHIMAYA」も開催。
<外国人対応>
 日本から世界に大きなブームになりつつある「日本酒の文化性や新しさ」を、外国人の方に堪能していただく為に
 同時通訳で外国語対応のイベントも開催します。※イベント前夜19日(火)・20日(水) 19時~、23日(土)17時~


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。