logo

『Skin Taping Skin Kinesiology and Its Clinical Application』刊行

文京学院大学 2015年05月19日 09時45分
From Digital PR Platform


文京学院大学保健医療技術学部教授の福井勉が執筆した書籍『Skin Taping Skin Kinesiology and Its Clinical Application』が、三輪書店より発行されました。

本書は、皮膚の動きについて科学的な検証と長年の臨床経験をもとに、皮膚の特徴から原則までを明確に解説し、各部位への可動域アプローチの方法および症例を交えて動作障害に対する治療技術を具体的に理解しやすくまとめた一冊になっています。

なお、日本語版『皮膚テーピング〜皮膚運動学の臨床応用〜』は、2014年に運動と医学の出版社より発行されています。

【書籍概要】
書名:『Skin Taping Skin Kinesiology and Its Clinical Application』
著者:福井勉
発行:株式会社三輪書店
定価:本体6,000円+税
刊行日:2015年4月30日
仕様:B5判
ページ数:200ページ
ISBN:978-4-89590-519-0
販売店:全国主要書店、各オンライン書店

目次
Part I Skin taping theory
1. Skin structure and Skin function
2. Characteristics of skin movement
3. The rules of skin movement
4. Principles of skin taping method
5. Objectives of skin taping
6. How to tape
7. Taping types
8. Important remarks

Part II Skin taping methods
Chapter 1 Increasing or limiting ROM (range of motion)
1. Spine
2. Upper extremity
3. Lower limb
Chapter 2 Facilitation and inhibition of muscle activity taping
1. Typical muscles needing facilitation of muscle activity
2. Typical muscles needing inhibition of muscle activity
Chapter 3 Postural control taping
1. Spinal control
2. Postural control of the pelvis
Chapter 4 Gait control taping
1. Theory of gait control by guiding the skin
2. Control of the early stance phase
3. Control of the mid stance phase (MSt)
4. Control of the terminal stance phase (TSt)

Part III Condition specific taping
1. Lumber disk herniation
2. Lumber spondylolysis
3. Scapulohumeral periarthritis
4. Thoracic outlet syndrome (TOS)
5. Humeral lateral epicondylitis
6. Hip osteoarthritis
7. Knee osteoarthritis
8. Iliotibial band friction syndrome (ITBS)
9. Pes anserinus tendonitis
10. Patellar tendonitis
11. Achilles tendonitis



【本件に関するお問い合わせ先】
学校法人文京学園 法人事務局総合企画室 三橋、谷川
電話番号:03-5684-4713









本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。