logo

鉄道駅や観光地、商店街、イベントでのスタンプラリーを実現するBeaconシステムを開発~専用アプリケーション不要でO2O集客強化実現により採用が決定~

アプリックスIPホールディングス株式会社 2015年05月18日 11時09分
From PR TIMES

アプリックスIPホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:郡山龍、以下「アプリックス」)は、Beacon を利用してスタンプラリーを実現するシステムを開発し、鉄道駅や観光地、商店街あるいは展示会やイベントなどでのスタンプラリーを簡単に実現できるようになり、このたび、JBCCホールディングス株式会社が主催する「JB Group IT Forum 2015」で採用されたことを発表いたします。



従来、Beaconを利用したスタンプラリーを実現する場合には、スタンプラリー機能を組み込んだアプリケーションを開発する必要がありました。この場合、専用アプリケーションの開発が必要な上に、スタンプラリーでしか使用できないものが多く、日常的に駅や観光地、商店街、イベントなどでBeaconを利用して情報発信することにより集客、O2Oサービスを強化したい場合には、別のアプリケーションを準備する必要がありました。

このたび、アプリックスが開発したスタンプラリーを実現するBeaconシステムでは、アプリックスのビーコン専用アプリケーション「hubea(R)」を利用することで、日常的には商店街や観光施設などでタイムセールやオススメ情報、あるいは鉄道の運行・遅延情報など、生活者にとって便利でお得な情報を発信し、イベント時には同じアプリケーション「hubea」を使ってBeaconを利用したスタンプラリーを簡単に実現することができるようになります。

アプリックスでは、駅、観光地、商店街などに設置し、位置情報と連動しリアルタイムに情報を提供できるBeaconシステムと、家電製品や家庭用品などに組み込む「お知らせビーコン」とを連携させて、浄水器や空気清浄機のフィルター交換の通知を家で受信した生活者が、外出先の商店街などでフィルターの在庫があるお店の前を通ると自動的にその通知を受けられたり、コーヒーメーカーやペット用品などに組み込まれたBeaconの利用者が、専門店の前を通った時に新商品の案内を通知してもらえるなど、IoTとO2Oを結び付けることにより、メーカー様と店舗のビジネスを活性化させるソリューションを提供していきます。

※「hubea」は、商業施設や観光施設などにおいて便利でお得な情報を、リアルタイムに生活者のスマホに通知できるBeacon専用アプリケーションです。このたび当社が新たに開発したスタンプラリーを実現するBeaconシステムは、従来「hubea」を活用した当社のビーコンシステムを導入いただいている商店街や観光施設でも、ご利用いただけます。

                                                以 上

■「JB Group IT Forum 2015」について

JBCCホールディングス株式会社およびJBグループ各社が主催する「JB Group IT Forum 2015」は今年で10回目を迎え、本年度のテーマである「ITのチカラで“つなぐ!”人・モノ・未来」を来場者に体現していただくために、アプリックスが開発したスタンプラリーを実現するBeaconシステムが採用され、大阪、東京、名古屋の各会場では、来場者のスマホにスタンプを付与し、賞品提供に利用されます。

■ アプリックスIPホールディングス株式会社について

アプリックスIPホールディングスグループは、ソフトウェアテクノロジーによって世界中の人々がより充実した生活を楽しめるようにすることを使命として事業を営んでおります。テクノロジー事業において、当社が開発・提供するBeaconには「Location Beacon」と「Notification Beacon」があります。「Location Beacon」として提供している「MyBeacon(R)シリーズ」は、常時電波を発信し続けるタイプで位置情報の一つとして、飲食業界、アパレル・ファッション業界、流通業界、不動産業界、レジャー・エンタメ業界、物流・運送業界、観光業界などの多種多様な業界をはじめ、公共事業や自治体などにおいて普及し始めています。「Notification Beacon」の一つである「お知らせビーコン」は、機器に組み込むことで、ある状態を検知した時だけ電波を発信するタイプで、浄水器、加湿器、扇風機、コーヒーメーカーなどの軽家電を始めとするあらゆる機器とBeaconを組み合わせることができます。また、出版映像等事業においては、シリーズ単行本累計300万部を超える「ブレイクブレイド」をはじめとする多くのヒット作品を生み出し続けております。同事業において児童書や絵本を提供するほるぷ出版では50周年を迎え、「ミルクこぼしちゃだめよ!」などの人気図書を出版しております。

アプリックスIPホールディングスのwebsite(投資家情報等):リンク
アプリックスのwebsite(テクノロジー事業等):リンク

■製品に関するお問い合わせ先:
株式会社アプリックス M2M製品グループ
E-mail: m2m-group@aplix.co.jp TEL: 050-3786-1702

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。