logo

Ruby 2.0(その2)

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「Ruby 2.0(その2)」を公開しました。

###

キーワード引数
Ruby 2.0ではいろいろと新機能はありますが、その2としては、キーワード因数を取り上げたいと思います。メソッドにキーワードを指定して引数を指定することができます。話を簡単にするため、以下のプログラムを例にしたいと思います。

リスト1では、キーワードなどなしでプログラムを記述しています。これらの関数を呼び出すにはリスト2の形式で呼び出す必要があります。どっちが、toかccかよくわからない記述になります。

リスト1 Ruby 1.9

def sendmail(message, to, cc)
puts “sendmail #{message} to #{to}, cc #{cc}”
end

リスト2

sendmail(“こんにちは”, “xxx@gmail.com”, “yyy@gmail.com”)

リスト3のようにRuby 1.9でもキーワード因数を利用することが可能です。キーワード因数を指定するとハッシュ配列として引数として処理されることになります。プログラム側で必要な変数に入れて代入処理を行うことで対応しています。

リスト3 Ruby 1.9でキーワードを使う場合

def sendmail(message, opt={})
to = opt[:to]
cc = opt[:cc]
puts “sendmail #{message} to #{to}, cc #{cc}”end

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。