logo

構造体の美学

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「構造体の美学」を公開しました。

###

Rubyの構造体は、Structです。C言語などにも構造体はあります。1つまたは複数の値をまとめて扱うことができます。Rubyはオブジェクト志向 言語などで構造体を利用せず、クラスを定義すればいいかもしれませんが、クラスと比べて簡単に定義することができますので紹介させて頂きます。今回は、 name, phoneという2つのメンバー変数をまとめて扱うクラスまたは構造体を定義します。

リスト1 クラスの定義

# -*- encoding: utf-8 -*-
require ‘pp’class Foo
def name
@name
enddef name=(name)
@name=name
enddef phone
@phone
end

def phone=(phone)
@phone=phone
end
end

foo = Foo.new
foo.name = “Yoshitake SHIMO”
foo.phone = “080-XXXX-YYYY”

pp foo

リスト2 構造体の定義

# -*- encoding: utf-8 -*-
require ‘pp’Foo = Struct.new(:name, :phone)foo = Foo.new
foo.name=”Yoshitake SHIMO”
foo.phone=”080-XXXX-YYYY”pp foo

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。