logo

Rubyの書き方

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「Rubyの書き方」を公開しました。

###

Rubyはオブジェクト指向スクリプト言語です。オブジェクト指向であることを意識してプログラムを記述すれば、楽に、美しくプログラムを書くことができます。この連載では、Rubyの美学を追及してみたいと思います。

プログラムの美学
2012年9月時点でWikipediaの美学の出だしには以下の内容が記載されています。

「伝統的に美学は美とは何かという美の本質、どのようなものが美しいのかという美の基準、美は何のためにあるのかという美の価値を問題として取り組んできた。」

では、プログラムに当てはめるとどうなるでしょうか。プログラムが美しい基準は、何のためにプログラムが美しいか。といったことを考えることになると思います。いろいろな美の基準はあると思いますが、プログラムが美しいと感じることはどんな時でしょうか。

主観の問題もあるので一概には論じられないですが、シンプルであることがプログラムの美しさの基準の一つになると思います。ロジックがシンプルであること、記述がシンプルであること、”Simple is Beautiful”という言葉もあるぐらいですから、あながち間違いではないと思います。シンプルなロジック、シンプルな記述は、読みやすいのでメンテナンス性も上がってきます。シンプルなのでバグの存在も最小限に抑えられる気がします。

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。