logo

キナクシス、ガートナー社のマジッククアドラントで「Leaders Quadrant」の評価を獲得

「実行能力」評価軸で最高ランクの位置付け

2015年5月19日(火)東京発 ― クラウドベースのSCM(サプライチェーンマネジメント)、およびS&OP(セールス&オペレーションプランニング)アプリケーションの「RapidResponse(R)」を提供する、Kinaxis Inc.の日本法人であるキナクシス・ジャパン株式会社(以下キナクシス)(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子 敏也)は本日、ガートナー社のマジッククアドラント「Magic Quadrant for Sales and Operations Planning Systems of Differentiation」で「Leaders Quadrant」の評価を獲得したと発表しました。キナクシスが「Gartner Magic Quadrant」で「Leaders Quadrant」の評価を獲得するのは今回で二度目となります。(注1)

「Sales and operations planning(S&OP)system of differentiation(SOD)」とは、「Stage 4」以上の成熟したS&OPプロセスをサポートするテクノロジを提供するソフトウェアソリューションとして定義されています。ガートナー社のレポートでは次のように報告されています。「リーダーとは、自社が提供するS&OP SODの諸機能に対して強力なビジョンを有する企業を指す。リーダーは、オペレーションと実行に対する戦略に基づく、垂直統合との整合性を保持するマルチエンタープライズ対応の横断的計画の実現に向けて成すべき役割を認識している。また、エンドツーエンドの収益力のあるトレードオフおよび各種構成が可能なサプライチェーン設計や構成能力をサポートする分析の開発にフォーカスしている。」(注2)

キナクシスのCEO、ダグラス・コルベス(Douglas Colbeth)は、以下のようにコメントしています。「今回ガートナーのマジッククアドラントでリーダーとして評価いただいたことは、キナクシスの業界における立ち位置や付加価値においてさらなる重要なポジションを獲得した結果であると認識しています。レポートでは17社に及ぶプロバイダが評価されていますが、キナクシスは『実行能力』の評価軸で最高の評価をいただいています。私たちは基盤となる提供価値として、お客様に対して一貫して高品質なソリューションをお届けすることを念頭に置いています。キナクシスのゴールは、自社のソリューションの包括的な機能を活用していただくことにより、お客様の成功を早期に実現し、S&OPプロセスを初期のステージから『Stage 4』(またはそれ以上)にまで進化させるための支援を行うことにあります。」

ガートナー社では、「Stage 4」のS&OPを「コラボレート」ステージと呼んでいます。本ステージではS&OPの成果を、社内および取引先を考慮し、需要に基づいた、広範なサプライチェーンにわたる収益力のある供給レスポンスを実現するものであると定義しています。また、S&OPやプロセスの成果を測定するために使用される指標のメリットは、売上総利益や運転資金の増加、あるいはマーケットシェアの向上などを含め、より定量的に測定できる点にあるとしています。

キナクシスのRapidResponseは、これまでサイロ化され、逐次的であった各業務計画を一元システムとして統合し、S&OPプロセスとダイレクトに連携することで、各業務間で集約レベルあるいは詳細レベルにて同時に計画を作成することが可能になります。また、各業務のチーム、さらには組織にまたがって、迅速かつコラボレーティブに各種の計画シナリオによる財務またはオペレーションに及ぼす影響を評価することができます。一元的なアプリケーションによりS&OPを管理することで、計画の策定中、あるいは予期せぬ事態によるS&OPの方針転換が迫られている場合でも、企業は迅速に競合する指標間のより適正なトレードオフを可視化し、企業全体における適切な判断を下すことができます。RapidResponseのS&OPアプリケーションに関する詳細は以下をご覧下さい。
リンク

本プレスリリースに関する詳細は、以下のブログをご覧下さい。
リンク

マジッククアドラントの「Sales and Operations Planning Systems of Differentiation」に関するレポートはこちらにアクセスして下さい。
リンク

その他のキナクシスのニュースは、LinkedIn、Twitter、Google+、Facebookでもご覧になれます。
LinkedIn
リンク
Twitter
リンク
Google+
リンク
Facebook
リンク

(注1)
「Magic Quadrant for Supply Chain Planning System of Record」ガートナー社、T. Payne著 (2014年3月6日)
(注2)
「Magic Quadrant for Sales and Operations Planning Systems of Differentiation」ガートナー社、T. Payne著 (2015年4月29日)

免責条項:ガートナー社は、調査出版物内に掲載された特定のベンダ、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、技術を利用する立場にあるユーザに対して最高評価を与えたベンダのみを選択するよう助言するものではありません。ガートナー社の調査出版物は、ガートナー社の調査組織の意見で構成されており、特定の行為に導く意図を有していません。ガートナー社は、明示または黙示を問わず、本調査の商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

【キナクシスについて】
キナクシスは、クラウドベースのサブスクリプションソフトウェアのリーディングプロバイダであり、お客様のサプライチェーンオペレーション全体にわたり、分析と意思決定の改善および迅速化を支援しています。サプライチェーンにおけるプランニングと分析機能を提供するRapidResponseを活用することにより、複数の相互接続されたサプライチェーンマネジメントプロセスの管理基盤を構築することができます。RapidResponseは、個々の多様なソフトウェアソリューションを組合せることなく、シングルプロダクトとして機能することで、サプライチェーン全体にわたる可視性の向上、変動する条件に対する迅速な対応、そして結果としてオペレーション効率の飛躍的な改善を実現します。

※ 本リリースに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースに関するお問合わせ先:
キナクシス・ジャパン株式会社
〒102-0073
東京都千代田区九段北1-2-3 フナトビル5F
担当:高橋(株式会社エム・アンド・エル)
Email:kinaxis@mlrev.co.jp
Tel: 03-3537-1108 (株式会社エム・アンド・エル)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。