logo

MxSP(仮想SAN/NASストレージプラットフォーム)ソフトウェアソリューションのMaxtaのページを公開しました。

コアマイクロシステムズ株式会社(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:高橋晶三、以下 コアマイクロシステムズ)は、MxSP(仮想SAN/NASストレージプラットフォーム)ソフトウェアソリューションのMaxtaのページを公開しました。

Maxta社は2009年に米国カリフォルニア州で設立され、各企業等が先進のハイパーコンバージェンス技術のアドバンテージを最大に利用できるようソフト開発をしてきました。

Maxta社のMxSP(仮想SAN/NASストレージプラットフォーム)ソフトウェアソリューションは、標準のx86サーバ上でハイパーコンバージェンス技術を具現化し、複雑で高価なSAN/NASストレージシステムを使わず、ハイブリッドかまたはオールSSDかを問わず、いろいろなストレージデバイスを使うことのできる自由度を提供しています。これによりユーザーは、大規模なエンタープライズレベルのデータサービスを最適な構成で提供できると同時にVMセントリック(VM毎のストレージ管理)なMxSPソリューションにより、IT管理にかかわる費用を削減できます。Maxta社のソリューションを利用することにより、サービスプロバイダや各業界の企業において、プライベート、パブリックにかかわらず、クラウドオーケストレーションソフトウェア上にクラウド環境を立ちあげることが容易にできるようになりました。

MaxSPの詳細やホワイトペーパーのダウンロードについては以下をご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。