logo

scaffoldとREST

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「scaffoldとREST」を公開しました。

###

今回は第1回目でも使ったscaffoldです。

Railsでscaffoldと言えば、RESTfulなMVCを自動的に生成してくれる便利な機能です。 そもそもscaffoldとは「足場」という意味の単語で、 まさにRailsの足場となるモデル、コントローラ、ビューを一括で作成してくれます。 また標準でREST的な構成でコントローラを作成してくれるので、 この「REST」を身近に感じた方も多いでしょう。

「REST」とは「REpresentational State Transfer」の略で、 ウェブサービスをうまく実装するのに利用される原則です。 RESTでは、URLをうまく使ってユーザやブログの記事などのリソースをうまく表現しています。 例えば「idが15のUserモデルのリソース」は/users/15と表せます。 また「ユーザ全体」というリソースに対しては、/usersというURLで表します。 これらのURLに対して、リソースの作成や読み込み、更新と削除といった操作が、 次の表のように対応しています。

リソースのURL HTTPのメソッド 対応する処理
/users GET 一覧の取得
/users POST 新しいユーザの作成
/users/15 GET idが15のユーザを取得
/users/15 PUT idが15のユーザの情報を更新
/users/15 DELETE idが15のユーザを削除

このような表現で操作できるときに「RESTful」であると言うのですが、 RailsのscaffoldはこのRESTfulな構成でコントローラを作成してくれます。

例えばブログの記事のようなモデルを考えます。 記事モデルの名前をEntry、属性をbodyで文字列(string)としてみましょう。 この記事モデルをscaffoldを使って作成するには、次のように実行します。

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。