logo

銀聯国際が第28回東南アジア競技大会を新たな高みへと誘う

銀聯国際 2015年05月15日 18時05分
From 共同通信PRワイヤー

銀聯国際が第28回東南アジア競技大会を新たな高みへと誘う

AsiaNet 60515(0651)

【上海2015年5月15日新華=共同通信JBN】シンガポール東南アジア競技大会組織委員会(SINGSOC)は5月14日、中国銀聯の子会社、銀聯国際(UPI)を第28回東南アジア競技大会(SEA Games)の最新スポンサーになったと発表した。大会の公式決済システムであるUPIは、22年ぶりにシンガポールに戻る地域最大のマルチスポーツ・イベントに向けたSINGSOCの提携ポートフォリオを強化する。さらに、優れたものを称賛する精神にのっとり、UPIは老若男女に長く記憶に残る東南アジア競技大会の体験を提供する。

双方の最終承認事項によると、連銀はSingapore Sports Hubで東南アジア競技大会カーニバル(SEA Games Carnival)の一環として、一般の人々にとってユニークな体験となる無料の熱気球試乗を提供する計画である。気球に乗る人の安全とセキュリティーは主催者側の最優先事項であり、専門クルーと気球はフランスから特別に持ち込まれる。

活気あふれる雰囲気を醸し出すため、銀聯はVIP、アスリート、オフィシャルを空港、ホテル、大会会場の間で送迎する公式東南アジア競技大会バスをドレスアップする。体験を楽しいものにするため、東南アジア(シンガポールを除く)の銀聯カードホルダーは同大会のVIP体験を獲得するチャンスがある。大会に参加する東南アジア市場での最高出費カードホルダーは、各市場で1人が東南アジア競技大会サッカー決勝戦の観戦と閉幕式参加のため、シンガポールまでの2人分のビジネスクラス航空券と5つ星ホテル2泊の旅行を獲得できる。シンガポールの最高出費カードホルダー15人は、それぞれがWシンガポールでの1泊2日のステイケーションとスパのパッケージを含む素晴らしい体験を獲得できる。このパッケージには、セントーサコーブ(Sentosa Cove)滞在、セントーサ・マーライオン体験、SEA Gamesサッカー決勝戦および閉幕式のチケットなどが含まれている。諸条件が適用される。

東南アジアは、銀聯にとって比較的熟成した市場である。現在、銀聯カードは東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国すべてで受け付けられ、そのすべての国で地元カードとしての発行が実現している。シンガポールとタイでは、大半のATMと70%を超える小売店が銀聯カードを受け付けられている。マレーシア、フィリピン、ベトナムでは、90%のATMが銀聯カードを受け付け、ベトナムの小売店80%以上が銀聯カードを受け付けている。シンガポール、マレーシア、タイでは、日常生活や海外旅行の際に銀聯カードを頻繁に利用する人々が増えている。

詳細はウェブサイトリンク を参照。

ソース:UnionPay International

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。