logo

城西大学が6月6日、東京紀尾井町キャンパスで講座「歴史考古学への招待~モノから迫る近世列島史~」を開講

城西大学 2015年05月15日 08時05分
From Digital PR Platform


城西大学は6月6日(土)、東京紀尾井町キャンパスで講座「歴史考古学への招待~モノから迫る近世列島史~」を開講する。これは、社会人らを対象とした生涯学習の場である「城西エクステンション・プログラム」の一つ。今回は、同大経営学部助教の石井龍太氏が、近世琉球史から「墓と喫煙」をテーマに講義する。要事前申し込み。定員60人。受講料1000円。


 「歴史考古学」は1960年代に提唱され、中世以降の歴史時代を解明するために工夫された新しい学問領域である。歴史時代の解明には文書、民俗誌など多くの歴史資料が存在するが、歴史考古学は発掘調査に始まる考古学の方法論を中心に、他の学問領域と連携して進めるという大きな特徴がある。

 今回の講座「歴史考古学への招待~モノから迫る近世列島史~」では、まず、考古学全般および歴史考古学の概念、さらに現状と課題について探る。その上で、具体的な研究例として、講師を務める石井龍太氏が専門とする近世琉球史から「墓と喫煙」をテーマに講義する。
 葬送儀礼も喫煙も、現代社会では原形を失いつつある文化習俗であるが、発掘調査、民俗調査、文献史料調査が総合されることで何が浮かび上がってくるのか、歴史考古学の観点から迫る。

 石井龍太氏は1979年千葉県生まれ。東京大学大学院博士後期課程単位満了退学、博士(文学)。日本学術振興会特別研究員、東京大学総合研究博物館特任研究員などを経て、2014年、城西大学経営学部助教に就任。専門分野は琉球諸島の近世考古学、民族考古学。著書に「島瓦の考古学」「近世琉球王国と東アジア交流」などがある。

(参考)
 ・歴史考古学への招待~モノから迫る近世列島史~
 リンク

 ・城西エクステンション・プログラム
 リンク

◆講座「歴史考古学への招待~モノから迫る近世列島史~」の開催概要
 【日 時】 6月6日(土)11:10~12:40
 【会 場】 城西大学東京紀尾井町キャンパス1号棟(東京都千代田区紀尾井町3-26)
 【定 員】 60人
 【受講料】 1000円
 【申し込み】 
  TEL: 03-6238-1400
  FAX: 03-6238-1399
  E-mail: kioiclub@jiu.ac.jp

▼本件に関する問い合わせ先
 城西エクステンション・プログラム事務局
 TEL: 03-6238-1400

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。